ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

デジカメスマホのGalaxy Camera スマート化はコンデジのひとつの方向性! 【デジ通】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

昨年の夏、NikonがAndroidOSを搭載するデジカメ「COOLPIX S800c」をリリースした。実際に触ってみた人ならわかると思うが、OSは古いAndroid 2.x系で動きはもっさり、唯一画質はさすがNikonと思わせるモノだったが、UIがあれじゃあという感じで、せっかく面白いコンセプトなのに残念だと感じた製品だった。

まだ時期的に早いんじゃないかと思っていたのだが、サムスンが4G対応でAndroid OSを搭載するデジカメ「Galaxy Camera」を2012年末に発売した。4G対応だがスマホではなくデジカメである点に注目。

日本では販売されていないこともあり、これはNikonの二の舞だろうな、なんて予想していたのだが、今年のCESに行った際に試しに触ってみたが、これが中々の完成度で、この方向性はアリなんじゃないかと思った。

既存のカメラメーカーは、コンセプト的にはあまり冒険はできない。いっぽうデジカメ市場の中では新興のサムスンが、スマートフォンで得意な技術を活用して、各種機能をデジカメに盛り込んだというのは、チャレンジャーだからこそ可能だったと言える。

Galaxy Cameraは液晶面がタッチパネルで、Wi-Fiなどの通信機能を搭載、データの送信などの機能を備えている。ここまでは、他社の通信機能などを搭載したカメラにもあった機能だが、このタッチパネルによる操作でカメラとしての必要な機能である、狙った撮影を簡単にできる機能がわかりやすく用意されている。

そして何より快適さを生み出している一番の理由は、UIの追従速度がNikonのCOOLPIX S800cに比べて、サクサク動いていたことだ。ここまで快適に操作できるからこそ、Androidにした意味があるというものだ。おそらく自社製の高性能クアッドコアCPUが搭載できたからこそ可能な芸当だ。

例えば、人物写真を撮る際、シャッターを押したタイミングと表情がうまく合わない場合があるが、何枚か連続してシャッターを押し、その中で最も表情の良い画像だけを残すようなことが、タッチパネルを使用し簡単にできるようになっている。直感的に操作しても待たされることがない。

タッチ操作による撮影関連機能も満載

デジカメ用のプログラマブルなOSとしては、1998年頃にコダックやミノルタ、ペンタックスのデジカメに搭載されていたDigtaOSがある。VxWorksというリアルタイムOSをベースにデジカメ向けの機能を実装したものだ。あの火星探査機のマーズ・パスファインダーに搭載されていたOSもVxWorksベースでDigtaOSとは兄弟みたいなものである。

Digitaスクリプトという言語でプログラミングが行え、コダックの発表会に行くとデジカメのメニュー画面でインベーダーゲームが動いており、前モデルより高速です!と自慢げにデモしているのを見て「可能性」は感じたものの、残念ながら普及しなかった。

これに対してAndroidはすでに広く普及しているので、あとから追加する必要がない。すでにある豊富な資産を持ってきて使えるわけだ。Android用に用意されたTwitterやInstagramなど、様々なアプリを活用することだって可能だ。内蔵ストレージが満杯になってしまったとしても、4G通信やWi-Fi経由でPicasaにアップロード&アルバム化して内蔵ストレージのデータは消してしまうことができる。

スマホのカメラ機能と同じことがデジカメでできてしまうわけだ。コンデジを持たずにスマートフォンでデジカメ撮影できるようになった利点は、単に携帯電話にカメラ機能が付いてカメラを別途買わないでいいとか、二台持ち運ぶ必要がなくなったとかではない。様々なアプリを使って、撮影した画像を簡単に楽しく活用できるようになっている点が最大のメリットなのだ。それならデジカメもスマホ化しちゃえばいいじゃん、という逆転の発想がGalaxy Cameraであると言える。

老舗のカメラメーカーが提案している撮影後の活用方法はPCに取り込んでから、付属ソフトなどを使えとか、RAW現像ソフトで現像して高性能プリンターで印刷といった活用方法になっている。これはプロやセミプロ、ハイエンドユーザー寄りであり、あまり一般ユーザー向けではない。

そもそも大手量販店のデジカメプリントコーナーに人が集まっていることからも、画質にそれほどこだわらない人は、自分で画像を編集したり印刷するようなことはないだろう。プロ向けの高価な機材で利益を確保するのも大事なことだと思うが、サムスンがGalaxy Cameraでやったような、デジタルカメラのスマート化の方向性を、日本のメーカーが本気でやれば、もっと素晴らしい製品が出てくると思うのだがいかがだろう。

上倉賢 @kamikura [digi2(デジ通)]

外部サイト

プレアカユーザーからブロガー誕生? 本日より「ブロマガ」機能をユーザーに開放
着実に進む高解像度化 デルの27インチ高解像度ディスプレイに新モデル
Wordで文字の入力のない部分にカーソルを移動する【知っ得!虎の巻】

(http://news.livedoor.com/article/detail/7341092/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP