ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android端末のシステムラグを軽減してくれるアプリ「Lagfix」がGoogle Playストアで公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android端末で多かれ少なかれ発生するであろうシステムの”ラグ”を軽減するツール「Lagfix」がGoogle Playで公開されています。このアプリは、Linux コマンドの一つであるfstrimをユーザが利用しやすいようにGUI化したものです。ほとんどのAndroid端末の内蔵ストレージに採用されているNAND型フラッシュメモリでは、直接書換えできない、書き込み回数に上限があるため書き込み場所の平準化が行われている、書き換え時には一度ブロック単位でデータを消去する必要があるといった仕様のため、使用期間に伴い書き込み性能が劣化することがあります。そこで、今回のLagfixアプリを使ってfstrimコマンドを実行すると、ストレージ内の未使用ブロックが一括で消去されるので、書き換え時の消去処理の発生頻度が減り、書き込み性能の劣化を抑制することができるみたいです。この処理がシステムのラグの軽減につながるというわけです。プチフリーズ的な現象は軽減できると思います。アプリはroot端末のみで利用できます。利用方法は、アプリを起動してfstrimを実行したいマウントポイントにチェックを入れて「Run!」ボタンをタップするだけ。消去サイズが0Btyeであれば再実行する必要はありません。マウントポイントは、デフォルトでは書換え頻度の高い「/data」と「/cahce」が選択されています。アプリの効果のほどは・・・。端末によって違いが出てくるとは思いますが、Nexus 4の場合、ベンチマークアプリ「AndroBenchmark」でテストすると、書込み性能が向上した模様です。「Lagfix」(Google Playストア)Source : XDA Developers



(juggly.cn)記事関連リンク
ソフトバンク、「Honey Bee 201K」を1月25日に発売
NTTドコモ、Xperia Z SO-02Eなどスマートフォン2013年春モデル4機種の予約受付を本日より実施
日本通信、「スマホ電話SIM」のデータ通信オプションの提供プランを改定、月額980円の低価格プランも提供

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP