ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ヴァクシーンズの白熱ライヴに渋谷AX沸騰! タワー×SMASH新企画レポ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 


ヴァクシーンズ (photo by MITCH IKEDA)

 

いま話題の洋楽アーティストを招いてその魅力を広く伝える、タワーレコードとSMASHの新たな共催イヴェント〈BLOW UP〉。ここでは、その第1弾として行ったUK発の4人組ロック・バンド、ヴァクシーンズの来日ツアーより、1月17日の東京・SHIBUYA-AX公演での模様をレポートします!

昨年2月にもタワーとSMASHによる共催企画〈NEXT BREAKERS〉で来日し、素晴らしいパフォーマンスを見せてくれたヴァクシーンズ。今回は、9月に発表したセカンド・アルバム『Come Of Age』が本国のチャートで初登場1位に輝くなど、ますますバンドの勢いが加速するなかでのジャパン・ツアーとなりました。

 


a flood of circle

 

この日最初にステージに登場したのは、ツアーの全日程でオープニング・アクトを務めた日本の3ピース・バンド、a flood of circle。マイルス・デイヴィス“Generique”に乗って現われた彼らは、「おはようございます。a flood of circleです」という挨拶と共に、SEのムーディーな雰囲気を叩き壊すような激しいロック・チューン“Diver’s High(VAVAVAVAVAVAVA)”でライヴをスタートします。

 


a flood of circle

 

「カタカナのロックンロールでやっていくんでよろしく!」との宣言通り、矢継ぎ早に強烈なメッセージを日本語でまくし立ててる“Summertime Blues II”や、最新アルバムのタイトル曲“FUCK FOREVER”など、ソリッドかつセクシーなナンバーを連発。ラストは、ひときわキャッチーなメロディーが耳に残る“理由なき反抗(THE REBEL AGE)”をプレイし、短い演奏時間ながら鮮烈な存在感を残していきました!

 


ヴァクシーンズ (photo by MITCH IKEDA)

 

そしてZZトップ“I Gotsta Get Paid”が大音量で鳴り響くなか、いよいよ主役のヴァクシーンズが登場! 『Come Of Age』からのファースト・カット“No Hope”、オーディエンスの大合唱が巻き起こった“Wreckin’ Bar (Ra Ra Ra)”というホットなシングル曲の連続攻撃でライヴの幕を切って落とします。「We Are THE VACCINES!」と高らかに自己紹介した後も、ヴァクシーンズ流のロックンロール・マナーに貫かれた“Tiger Blood”“Wetsuit”“Teenage Icon”といった珠玉のシングル群を惜しみなく投下。イントロが鳴る度に会場は大きな歓声に包まれ、前半戦から興奮の坩堝と化しました!

 


ヴァクシーンズ (photo by MITCH IKEDA)

 

ミッド・テンポのガレージ・ポップ“Aftershave Ocean ”やファズが効いたサーフ・ロック風の“Ghost Town ”を挟み、メジャー・デビュー・シングル“Post Break-Up Sex”で再びオーディエンスのテンションに火を点ける彼ら。さらに、中毒性の高いサビメロが耳を離れないネオ・サイケ・ナンバー“Blow It Up”、大シンガロング状態となった“I Always Knew”など攻めの姿勢を崩す気配がないまま、モッシュが起こるほどの盛り上がりを見せた“If You Wanna”で本編は一旦終了します。

 


ヴァクシーンズ (photo by MITCH IKEDA)

 

いつまでも鳴り止まないアンコールの声に応えて、再度ステージに戻ってきた4人。MCでは日本のオーディエンスへ感謝の念を表し、フロアから暖かい拍手が贈られます。そこから、ギターの鋭利なリフが先導する“Bad Mood”、性急なビートに合わせて踊る人続出だった“Wolf Pack”を駆け抜けるようなスピードで演奏。ラストは、ギターを手放したフロントマンのジャスティン・ヤングが、オーディエンスに語りかけるように歌う姿が印象的だった“Norgaard”で大団円を迎えました。ロック・シーンの最前線で闘う彼らの魅力たっぷりと味わうことのできた、濃厚なロックンロール・ショーでした!

タワーレコードとSMASHでは、明日1月24(木)に東京・原宿アストロホールで行うオブ・モンスターズ・アンド・メンの公演を始め、2月もファン.、トゥエンティ・ワン・パイロッツといった注目の海外アクトのライヴを開催。詳細はTOWER RECORDS ONLINE内のLIVE INFORMATIONのページにてぜひご確認ください!

★TOWER RECORDS LIVE INFORMATIONはこちらから

 

〈BLOW UP Vol.1 Featuring THE VACCINES〉
【a flood of circle】(オープニング・アクト)
1. Diver’s High(VAVAVAVAVAVAVA)
2. Blood Red Shoes
3. Summertime Blues II
4. プシケ
5. FUCK FOREVER
6. 理由なき反抗(THE REBEL AGE)

【THE VACCINES】
1. No Hope
2. Wreckin’ Bar (Ra Ra Ra)
3. Tiger Blood
4. A Lack of Understanding
5. Wetsuit
6. Teenage Icon
7. Under Your Thumb
8. Aftershave Ocean
9. Ghost Town
10. Post Break-Up Sex
11. All In White
12. Change Of Heart Pt.2
13. Blow It Up
14. I Always Knew
15. If You Wanna

〈アンコール〉
1. Bad Mood
2. Wolf Pack
3. Norgaard

カテゴリー : エンタメ タグ :
タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP