ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「すいません」はNG!? 相手を怒らせないおわびのマナー

DATE:
  • ガジェット通信を≫


お仕事のシーンで、うっかりミスをしてしまった時、焦ってしまいますよね>< 
そんな時は、とにかくすぐにおわびの言葉を伝えるのがマナー。でも、思わず出てしまう「すいません」の言葉が実はNGワードだということをご存知だったでしょうか。 
「すいません」という言葉は、実は日本語には存在しないんです。正しい言葉は「すみません」ですね。
この言葉は色々なシーンに使うことができてとっても便利なので、お詫びの時以外にも、お礼の時や、人に話しかける時などにみなさん使っているかと思います。
でも、少し言葉を言いかえて、

・お客さまや上司など、目上の人に対しておわびをする時
→「申し訳ありません」「申し訳ございません」
・感謝の気持ちを伝える時
→「ありがとうございます」
・人に話しかける時の前置きで使う時
→「恐れ入ります」

と言うように心がけると、相手にも気持ちが伝わりやすくなりますし、ていねいで上品な雰囲気になり、好感度も急上昇です↑ 普段、よく使っている言葉ですので、ちょっと意識をしてみると、職場の先輩や上司、彼ママなどの目上の人からの印象が抜群に良くなること間違いなしですよ^^ ☆ 
photo by Thinkstock/Getty Images
(恋のマナーガイド/似鳥よーこりん☆)



(グリッティ)記事関連リンク
即☆脂肪燃焼! 話題の『バレトンダイエット』で軽やかなメリハリボディに☆ 
急な大雪でも焦らない雪道運転のコツって?
食べれば金運UP!?「大寒たまご」で作った限定バウムクーヘン

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP