体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スマホでカチカチできる!“折りたたみのN”が放つ、まさかの外側2画面の折りたたみスマートフォン「MEDIAS W N-05E」を写真と動画でチェック【レポート】


“カチカチできるNスマホ”「MEDIAS W N-05E」は買いだ!
既報の通り、NTTドコモは22日、2013年春に発売する予定の新モデル「2013年春モデル新商品・新サービス発表会」を行い、NECカシオモバイルコミュニケーションズ製の折りたたみ2画面スマートフォン「MEDIAS W N-05E(メディアス・ダブル・エヌゼロゴイー)」(以下、N-05E)を4月中旬に発売することを発表した。

同発表会の展示会場においてN-05Eの展示機を試すことができたので写真と動画で紹介する。

130122_n05e_02_960

本体を開いて横2画面にした状態の正面

130122_n05e_03_960

本体を開いて横2画面にした状態の背面

130122_n05e_04_960

本体を閉じて1画面状態の正面

130122_n05e_07_960

本体を半開きにした状態。さまざまなスタイルでスタンディングできる
本体のサイズは、閉じた状態で約136(H)×64(W)×12.2(D)mm、質量は約183g。ディスプレイ約4.3インチの540×960ドット QHD TFT液晶(1677万色)を2面搭載し、開いた状態では約5.6インチのタブレットスタイルとして利用できる。本体のカラーバリエーションはBlackの1色展開。

基本的には、開いた状態では2画面表示、閉じると本体正面のメインディスプレイのみが表示される。スマートフォンが主流になってからは、国内向け端末は特に、そのほとんどが前面タッチパネルのフラットな板形状となってしまったが、ここにきてNECカシオが折りたたみのスマートフォンをドコモから発売することになった。

かつて、従来型のケータイで「折りたたみと言えばN」と言われる時代があったほど、携帯電話が登場した初期の頃から折りたたみケータイを市場に投入し続けてきたNEC(日本電気)は、折りたたみ構造で重要なヒンジ部分の強度や開閉時の質感などを追求して開発、製品化してきたという経緯がある。

そうした背景もあり、「同じ折りたたみでもNのこのカチッっていう音がいいんだよね」なんていうユーザーも少なくなく、意味もなくカチカチと開けたり閉めたりしているユーザーも多く見かけた。今回のN-05Eでもそうした折りたたみケータイの時代を彷彿とさせるNらしい開閉時の音や感覚が味わえる。かつての折りたたみNケータイファンは試しておきたいところだ。

130122_n05e_05_960

本体を閉じた状態で正面向かって左側面(画像上)と右側面(画像下)

130122_n05e_06_960

本体を閉じた状態で上部側面(画像上)と下部側面(画像下)
本体を閉じた状態での左側面には3.5mmイヤホンジャック、ボリュームキー(上下キー)、電源キーが搭載されており、右側面はヒンジのため端子類などは搭載されていない。上部側面にはmicroUSB端子、下部側面にはマイクを搭載する。

1 2 3 4次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy