体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ドコモ2013春モデル発表会】イチ押し『Xperia Z』や2画面『MEDIAS W』に1万円以下の『dtab』などスマートフォン9機種とタブレット2機種を発表

【ドコモ2013春モデル発表会】イチ押し『Xperia Z』や2画面『MEDIAS W』に1万円以下の『dtab』などスマートフォン9機種とタブレット2機種を発表

NTTドコモは1月22日、『2013春モデル 新商品・新サービス発表会』を開催しました。今回の春モデルのトレンドは、フルHDディスプレーの搭載、クアッドコアCPUとAndroid 4.1の搭載による高速処理、一部端末で下り最大112.5Mbpsの高速通信に対応、といったものが中心。サービス分野では、スマートフォンのコンテンツを家庭で楽しんだり、家庭で録画したコンテンツをスマートフォンで視聴するコンセプト『ドコモ スマートホーム』を発表しました。スマートフォン9機種とタブレット2機種がお披露目された発表会の模様をレポートします。

※記事には多くの写真を掲載しています。すべての写真がご覧になれない場合はガジェット通信をご覧ください。

「高精細」「高速通信」「高速処理」をアピール

「超高速フルHDスマートフォン」

発表会には代表取締役社長の加藤薫氏が登壇。春モデルの特徴を「高精細」「高速通信」「高速処理」のキーワードから「超高速フルHDスマートフォン」とまとめて紹介していきます。

高精細を実現

フルHDディスプレーを搭載するのはスマートフォンが『Xperia Z SO-02E』『ARROWS X F-02E』『ELUGA X P-02E』『Optimus G Pro L-04E』の4機種で解像度は1080×1920、タブレットが『Xperia Tablet Z SO-03E』の1機種で解像度は1920×1200。スマートフォンはいずれも5インチディスプレー、440dpiの高精細を実現しています。

高速通信は50都市を目指す

LTEサービス『Xi』で下り112.5Mbpsの高速通信に対応するのは、スマートフォン『Ascend D2 HW-03E』とモバイルWi-Fiルーター『HW-02E』のみ。スマートフォンの残り9機種は下り最大100Mbpsの『Xi』に対応します。これら112.5Mbps/100Mbpsの通信が利用できるエリアは、2013年3月には22都市、2013年6月には50都市に拡大を予定していると発表。

75Mbpsのエリア拡大計画

一部エリアでのみ利用可能な高速通信に対して、全国の『Xi』の通信速度向上も今後の課題。下り最大75Mbpsのエリア拡大については、2013年3月には4000局、6月には1万局へ拡大を予定していることを発表しました。

このほか、9機種に2000mAh以上の大容量バッテリーを搭載、6機種にNFC対応、6機種に『NOTTV』対応を発表。春のスマートフォン商戦に向け「新生活を彩るベストパートナー」としての特徴をアピールしました。

1 2 3 4 5 6 7 8次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy