ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

北京市民 深刻な大気汚染に前衛的デザインのマスクで対抗する

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「北京空港に降りたって気になったのは、マスク姿の人の多さよりも、マスクそのものでした」と話すのは現地で撮影したカメラマン。

 いま中国の大気汚染は、生命を脅かすほどの危険水域に達している。現地のアメリカ大使館の測定によると、肺がんの原因になる微小粒子状物質(PM)の数値が国際基準の3倍に達し、一時は測定不能になったという。

 この事態に北京当局は、外出制限令を発動し、市内の学校では屋外での運動を禁止と、まさにパニック状態に陥っている。で、このマスク姿である。

 汚れた空気にしかめっ面の顔を隠すかのように、マスクには微笑むパンダやブタ、安らかな顔のクマなどがあしらわれている。中年のおじさんはミッキーマウス柄で茶目っ気を演出し、若い女性はナイキのマスクでスタイリッシュに決める(どちらも本物かは不明)。

 大気汚染がひどい日には半分近い人がマスクをするという北京。マスクでお洒落を楽しむのがせめてもの救いなのかもしれない。

撮影■太田真三

※週刊ポスト2013年2月1日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
中国大気汚染対策は2016年から 小児科パンク現象は当分続く
上海の環境汚染 濃霧のようなスモッグ、水もドブ並みに臭う
五輪できれいになったはずの北京の大気 連日スモッグ注意報

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP