ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

坂本勇人、昨季の失態を村田に謝罪。田中将大も「それはヤバイ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本テレビ「Going! Sports&News」では、「球界を代表する豪華メンバーの素顔を暴露!?」と題し、番組恒例イベントとなった「88年・食事会」の模様を19日&20日の二日に渡って放送した。

東北楽天・田中将大、広島・前田健太、巨人・澤村拓一&坂本勇人、パ・リーグMVPの北海道日本ハム・吉川光夫といった1988年生まれのプロ野球メンバーたち。食事会企画では、MCの上田晋也をはじめとした番組コメンテーターから、「他の選手に聞きたいことなど、企業秘密的なことをちょっとでも・・・」といったお題が投げられた。

上田の問いには、即座に「イヤです」と言い放った田中。だが、次の瞬間には、吉川と前田に「二人にカーブ訊きたいわ。カーブ、全然投げれへんから」とリクエストする。二人もカーブの握りを説明しつつ、吉川に至っては「110キロ台と、120キロ台後半、2種のカーブを投げてるよ」と明かすと、坂本は「マジッすか?」と驚いた。

また、野球解説者・江川卓氏から「まずかったこと」を訊かれたメンバーは、日本シリーズ第2戦でサインミスをし、キャッチャー・阿部慎之助からマウンドで頭を叩かれたシーンが話題になった澤村に目線がいく。

すると、坂本は「ようサインミスすんねん。ショートからさ、スライダーやって思ったら、違う球種投げたりするやんか」と澤村にダメだしをするも、田中は「ドームは(サインが)見にくい」とフォロー、周りのメンバーも「一番見にくい」と同調した。

その坂本、自身の“まずかったこと”については、「(試合前の)選手紹介あるやん。ハイタッチするやん。そのとき、村田(修一)さん。6番やったから、ハイタッチした後、バーンって頭叩いて・・・」と告白。これには、田中ら他のメンバーも「それはヤバイ」と冷たい視線を向けたが、実際にその映像が紹介されるや、坂本はカメラに向かって「あれはまずかった。村田さん、すいませんでした。本当にすいませんでした」と何度も謝った。

(http://news.livedoor.com/article/detail/7333348/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

カテゴリー : エンタメ タグ :
livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP