ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソニーモバイル、日本市場向けに新しいAndroidタブレット「Xperia Tablet Z」を開発!10.1インチ WUXGAディスプレイや防水・防塵、NFC、LTEなどに対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Xperia Tablet Z が発表!
ソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニーモバイル)は21日、今春に日本市場向けに発売予定の新しい約10.1インチサイズのAndroidタブレット「Xperia Tablet Z」を開発したことを発表しています。

防水・防塵性能を備えながら、薄さ約6.9ミリ、約495gの軽量フラットボディにソニーの最先端技術を搭載したタブレットとのこと。

Xperia Tablet Zは、約10.1インチのWUXGAディスプレイに高輝度・高精細な映像表現を可能にする「Reality Display」を採用し、「モバイルブラビアエンジン2」と併せて、映像コンテンツをより鮮やかに、美しく表現できるようになっています。

また、Xperia Tabletとして初めてソニー製裏面照射型CMOSセンサー“Exmor R for mobile”を採用した約810万画素カメラを搭載しています。

暗い場所や逆光時でもカメラが自動でシーンを認識し、最適な設定に自動調整する“プレミアムおまかせオート”で、いつでも簡単にきれいな写真を撮影できます。

音の動きや、広がり感を実現するソニー独自のバーチャルサラウンド技術「S-Force(エスフォース)フロントサラウンド 3D」など、ソニーの技術を結集した機能を搭載しています。

さらに、NFC(Near Field Communication)を搭載し、対応のXperiaスマートフォンやソニー製の機器にかざすだけで、複雑な設定をすることなく写真や音楽をワイヤレスで転送・ストリーミングできるワンタッチ機能にも対応しました。

プラットフォームにAndroid 4.1(開発コード名:JellyBean)をベースに、1.5GHzのクアッドコアプロセッサーを搭載、快適な操作を実現します。

LTEにも対応し、外出先でも快適に動画や静止画、ウェブ閲覧をお楽しみいただけます。

カラ―は、Black(ブラック)およびWhite(ホワイト)の2色のラインナップが用意されています。

ソニーモバイルは今後もソニーの最新のテクノロジー、上質なコンテンツやサービスを搭載したXperia Tablet、Xperiaスマートフォンを通じてお客様に多彩なエンタテインメント体験を提供していくということです。

これまで、タブレットについてはソニーが開発・発売してきましたが、今回からXperiaブランドとなって、スマートフォンと同様にソニーモバイルが担当することになったようですね。

LTEに対応しているということで、どこの携帯電話事業者に対応するのかは明記されていませんが、早ければ、明日のドコモの2013年春モデル新製品・新サービス発表会で発表されそうですね。楽しみにです!

記事執筆:memn0ck

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
ニュース&トピックス | 会社情報 | ソニーモバイルコミュニケーションズ

外部サイト

CES 2013:Huawei、日本投入予定の5インチフルHDスマホ「Ascend D2」や6.1インチスマホ「Ascend Mate」などを展示
ソニーモバイル、日本市場向けに新しいAndroidタブレット「Xperia Tablet Z」を開発!10.1インチ WUXGAディスプレイや防水・防塵、NFC、LTEなどに対応
GEANEE、約1.5万円と安価な防水対応7インチタブレット「ADP-705W」を発売

(http://news.livedoor.com/article/detail/7333124/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP