体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

CES 2013:Huawei、日本投入予定の5インチフルHDスマホ「Ascend D2」や6.1インチスマホ「Ascend Mate」などを展示


日本で発売予定の「Ascend D2」などを写真で紹介!
米ラスベガスにて1月8日~11日にかけて開催されていた世界最大級の家電見本市「2013 International CES(Consumer Electronics Show)」におけるHuawei(ファーウェイ/華為技術)ブールでは、発表したばかりの日本市場に投入予定とされる5インチフルHD液晶やクアッドコアCPUなどを搭載したハイスペックスマートフォン「Ascend D2」や6.1インチディスプレイを搭載した「Ascend Mate」などを中心に展示が行われていた。

また、Ascend D2やAscend Mateとは別に、CES 2013に合わせて発表されたWindows Phone 8搭載スマートフォン「Ascend W1」の展示も行われていた。

今回は、そんなCES 2013におけるHuaweiブースの様子をAscend D2やAscend Mateを中心に写真で紹介してく。

■Ascend D2
Ascend D2は、Huaweiのフラッグシップモデルという位置付けで、ハイパフォーマンスなマシン性能に加え、3000mAhの大容量バッテリを搭載したモデルとなる。

最大の特長は、今年のトレンドでもある最大1.5GHz駆動のクアッドコアCPUを内蔵した「K3V2」を搭載していることや、5インチフルHD (1080×1920ドット)IPS液晶を搭載している点。ディスプレイは、非常に高精細な443ppiのSuper Retina液晶ディスプレイとなっている。また、裏面照射型CMOS(BSI)による約1300万画素カメラを備える。

10 11

さらに、大容量バッテリーを搭載しているのに加え、独自のクイック・パワー・コントロール(QPC)やADRXバッテリー効率技術を導入しており、W-CDMAにおいて最大6日間の連続待受時間を実現しているのだという。

12 13 14 15

本体はアルミニウムボディとメタルフレームによるスタイリッシュかつエレガントなデザインで、重さは約170g、厚さは約9.9mmとなる予定で、ピュア・ホワイトとクリスタル・ブルーの2色を用意する。

なお、1月から中国での販売を開始し、Ascend D2ベースのモデルは日本市場でも発売する予定であることも発表している。

1 2 3次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。