ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sony Mobile、厚さ6.9mmのLTE対応Androidタブレット『Xperia Tablet Z』を発表、10.1インチWUXGAディスプレイ、クアッドコアプロセッサ、防水・防塵対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Sony Mobileは1月21日、国内市場でAndroid 4.1を搭載したLTE対応10.1インチタブレット『Xperia Tablet Z』を発売すると発表しました。明日22日に開催されるNTTドコモの2013年春モデル発表会で披露されると思います。

『Xperia Tablet Z』は、防水・防塵性能をもちながらも厚さ6.9mm、質量495gとスリムで軽量な筐体に、10.1インチWUXGA(1920×1200ピクセル)の高解像度なTFT液晶(Reality Display)とQualcomm Snapdragon S4 Pro APQ8064 1.5GHzクアッドコアプロセッサを搭載したハイスペックタブレット。パケット通信機能も備えており、国内では、3G(HSPA)とLTEで利用できます。OSはAndroid 4.1(Jelly Bean)が採用されています。


『モバイルBRAVIAエンジン』はバージョンアップしたv2が搭載されており、従来よりも表示が鮮明になったと言われています。カメラ機能では、『Xperia Tablet』で初めて裏面照射型CMOS『Exmor R for Mobile』を採用。また、サイバーショットにも搭載されている、暗所で暗く映った写真や逆光写真を明るく補正したりする“おまかせプレミアムモード”や、9種類のエフェクト撮影効果を撮影前に確認できる“ピクチャーエフェクト”など新機能が盛り込まれています。オーディオ機能では、バーチャルサラウンド『S-Forceフロントサラウンド 3D』などSonyの技術が組み込まれています。カラバリはブラックとホワイトの2色。

OS:Android 4.1(Jelly Bean)
サイズ:約172 mm×266 mm×6.9mm(最厚部約7.2mm)、質量495g
ディスプレー:10.1インチ、解像度1920×1200ピクセル(WUXGA)、TFT液晶、1677万色
プロセッサ:Qualcomm Snapdragon S4 Pro APQ8064 1.5GHz(クアッドコア)
GPU:Adreno 320
メモリ:RAM 2GB、内蔵ストレージ 32GB
外部メモリ:microSD/microSDHC/microSDXC(最大32GB)
リアカメラ:810万画素、裏面照射型CMOS『Exmor R for Mobile』搭載、AF対応、LEDフラッシュ、1080p Full HD動画撮影対応
フロントカメラ:220万画素CMOS
FOMAハイスピード(HSPA):下り最大14Mbps、上り最大5.7Mbps
Xi(LTE):下り最大100Mbps、上り最大37.5Mbps
通信機能:Wi-Fi a/b/g/n(2.4GHz/5GHz帯対応)、Bluetooth v4.0、NFC(TypeA/B)、Wi-Fi Direct、DLNA
外部端子類:
センサー類:加速度、ライト、デジタルコンパス、ジャイロ、GPS/A-GPS対応
バッテリー:6000mAh
待受時間:-(WCDMA)、-(LTE)、-(GSM)
通話時間:-(WCDMA)、-(GSM)
カラー:ブラック、ホワイト、ターコイズ
spモード:○
spモードメール:○
おサイフケータイ(FeliCa):×
NFC:○(TypeA/B)
かざしてリンク:○
ワンセグ:○
モバキャス(NOTTV):○
赤外線通信:×
防水:○(IPX5/X7)
防塵:○(IP5X)
テザリング:○
おくだけ充電:×
WORLD WING:○
Source : Sony Mobile



(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、「ARROWS Me F-11D」にソフトウェアアップデートを提供開始、充電ランプが消えない事象に対処
NTTドコモ、「docomo Wi-Fi」の提供スポットをコンビニや飲食店を中心に1,577箇所追加
トランセンド、16/32GBのWi-Fi内蔵SDHCメモリカードを1月下旬に発売、Android向けアプリも提供

juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP