ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

(チラ裏)Amazonでいろいろ買った

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

・Aamzonの時計

http://www.amazon.co.jp/dp/B0061GL17I/

コイツですな

お値段1280円とお手頃といえばお手頃

秒針のカチカチ音がしないらしいので寝室にいいかもしれない

真ん中のつまみで目覚ましの時間決めたり時間あわせたり

クオーツとか電波とかなんも書いてないし「1日10分くらいずれる」なんていうレビューもあるし精度はどうなんだろうなーっていう感じするけど

単三電池一本で動くみたい

オレンジ色買えばよかったなーと注文ボタンおしてから後悔して届いてからもう一回後悔

地味なんだよなー黒

ちなみに上のボタンおすと周りがオレンジに光ってカッコイイ

わりとアリなんじゃないかなーとおもう。

これ系統の商品だと、Amazonのマグカップももってるけど結構よい

・クローズアップレンズ

一眼レフとかのカメラの先端にくっつけると被写体が大きくとれる感じ

要するにカメラ用虫眼鏡

こういうやつで↓

こういうふうに使う

(今気づいたけどカメラやってる人にはおなじみの光景だし知らない人にはマヂイミフなんですけどヲタクキモッだし、誰が対象なのかいまいちわからない項目ですな)

通常はこんなかんじでしか取れない写真が

あら不思議!このレンズつけるとここまで大きく写せちゃう!

キーボード汚っ!

なんかちょっと微妙にピントあってないけど。あと部屋が暗いからなんか手振れしてるし 多分まじめにとれば普通になる と思う

お値段はAmazonで600円

http://www.amazon.co.jp/dp/B001UHN540

買ったのはコイツ。

自分はいわゆる撒き餌レンズとかいうEF50mmF1.8っていうレンズをつかってるんだけど、

レンズには最短撮影距離っていうものがあって

その距離までカメラ離さないと撮影できねえぞっていう数値なんだけど、これが45センチと結構離れないと撮影できなくて、

ああもうなんでこんなしょぼいものをブツ撮りするためにわざわざ立って撮影しないといけないんだよ!とか、この花もうちょっとデカく撮影したいのになんでこんな遠くから撮影しないといけないんだよ!(これは最短撮影距離あんまり関係ないけど)みたいなことが多かったので、

600円とお安かったのでポチッと。

いやー結構いいですなこれ

カスみたいな写真力だけど一応作例↓

なんの植物かしらないけど冬綺麗だよねこれ

例のAmazon時計

かっこよい

マクロレンズとかの作例で腕時計の盤面とってみたやつあるけどああいうのかっこいいよな

クロノなんとかとかいう盤面にいろいろ書いてあるかんじの時計の盤面をこれでとってみたいよね

いわゆるマクロレンズと比べると、専門家っぽい人からすると画質がよくないとか、そういうのがあるらしいけど自分としてはしばらくはこれで十分かなーと

マクロレンズを追加で買おうとすると余裕で2万以上するし、コスパで考えると600円で買えるクローズアップレンズはやっぱいいよねっていう感じですな(一眼レフはコスパで考えちゃいけない趣味らしいけど・・・)

ちなみにつけるとオートフォーカスがおかしくなるとか、遠くの物がとれなくなる(当然だけど)とかいろいろあるけど2万払うのとどっちがいいかって言われると断然600円ですな。比べちゃいけないんだろうけど

・本

一応最初にいっておくとまだ読んでない

http://www.amazon.co.jp/dp/4787220292/

これだな

なんか

岐阜県の東白川村とかいうところでつちのこフェスタっていうのを毎年やってるって聞いて、「ウヒョー超いきてえ」と思ったんだけど

なんかツチノコについて何にもしらねーしAmazonでつちのこについてかかれてそうな本買うかな!とおもって買った

http://www.vill.higashishirakawa.lg.jp/tu/tutinoko.htm

つちのこフェスタはツチノコ捜索タイムみたいなのがあって、ツチノコを見つけた人になんと賞金120万くらいが出るらしい!らしい

最初は賞金が100万だったらしいんだけど、毎年1万円ずつ上がっていって去年は123万だったらしい。今年は124万。ゲットしたいですな あと賞金はどうでもいいけど行ってみて記事にしたいところ

ツチノコがいるかどうかは知らないっていうか多分いないんだろうけど、なんかロマンがあってええよねそういうの

村の名前的に某アニメの聖地の東のほうで開催されるんかな?ええなあいってみたいつちのこフェスタ

て思ったけど白川村と東白川村だと結構違うみたいだな 白河村が岐阜県の左上のほうで、東白川村が真ん中より若干右かなってくらいだとか

本のほうは最初の1ページの半分くらいまで読んだけど面白そう おわり

・モバイルブースター

最近はなんかスマートフォンのバッテリー容量がすごい

別にこだわってる機種じゃなくても2000mAhくらい当たり前!っていう感じで、

中でも俺のGalaxy note2ちゃんは3100mAhと超デカい

俺の2700mAhのモバイルブースターじゃちょっと心配だなあ・・・ということで購入

(わからない人向けの解説 モバイルブースターっていうのは外で携帯とかゲーム機とかが充電できるモバイルなバッテリーのこと)

大きさとか色とかこんなかんじ

ちょっとザラザラしてて手触りはうーん・・これは・・っていう感じではあるけど別にデザインとか手触りを気にするようなカテゴリの商品じゃないから問題なし

大きさも意外と小さく、適当だけど縦13センチ横9センチ厚さ1.5センチくらいだと思う

重さは多分200グラムちょっとくらいかなー。適当だけど

http://www.amazon.co.jp/dp/B00APCKX5U/

お値段たったの2500円くらいと、大変お買い得

10000mAhで2500円って結構すごい安さだよなあ

最近では2万mAhで3500円とかいう商品もあるし、クソお高いけど3万mAhの商品も(2万くらい)

10000mAhて超超単純計算でiPhone5、6回くらいだもんなー。

で、バッテリーの容量以外に何がいいって、

SDカードリーダーにもなるし、ライトもついているっていうデキる子なところがすばらしい

SDカードは買ってから気づいたんだけど。

SDカードいれてmicroUSBでパソコンに接続するとパソコンでSDの中が見れる!みたいな

ちなみにこの記事の一眼レフでとった写真はこのリーダーで取り込んだ写真。

ライトは結構明るい。散歩くらいなら余裕かな 持ちにくいし、わざわざこれ持ち運ぶ必要はあんまりないとは思うけど・・・

満充電から何時間連続使用できるのかとか試してみたいきもする

超大容量だし、災害に備えて非常用袋に1ついれておくのもアリかもしれない。

・スマートフォン用リングスタンド

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B008DFTRN0/ref=oh_details_o00_s02_i01

こいつ

こんなかんじで、スマートフォンの背面につける

リングの部分がグイッ!と立つ

この部分に指ひっかけるとなんと手が滑っても落ちない!

おまけに今まで片手じゃ届かなかった左上に手が届く!

みたいな商品

ついでにこんなことも

なんとスマホのスタンドになってしまう!

かなりナイスなアイディアで、700円というお値段もイイとおもう(まあ、モノ自体は百均で二個入りとかで売っててもいいようなものではあるんだけど・・)

超強力粘着剤みたいなのでくっついてるから、多分よっぽどなんかしない限り粘着力弱すぎてとれて落ちちゃう!みたいなことはないと思う

ただそのおかげで剥がすときものすごく大変。ただし、剥がした時にスマホ側に粘着剤の一部が張り付いたままで取れない!ベタベタする!マヂ最悪!!みたいなことは全くないみたいなので安心

そんなに背面がツルツルしてないNexus7とかToughbookでも使えた(使ってどーすんだハゲて感じはするとくにToughbook)

多分デジカメなんかでも使えると思うから、スマートフォンにかぎらずいろいろつけてみるとおもしろいかも

いやマジでいいっすよこれ。特にGalaxyNoteとかで使うと、左手にも一応てが届くようになって超便利

ただしGalaxyNoteでつかうとフリップカバーを全開にしたときにコイツが邪魔で・・・みたいなことがあるかもしれない

いろんなものに貼り付けたりしたいし、どうやら壊れやすいらしいので5個くらい買って遊んでみたい感じ

以上終わり

Amazonでそこそこ安いものをたくさん買うとなんか幸せな気分になれるよね

それはそうとAmazonさん、こういうのマジでやめてください

5個おくるためにダンボール3つもつかうとか勘弁して下さいよ・・・・部屋がダンボールだらけに(´・_・`)

ええな

※この記事はGAGAZINEさんよりご寄稿いただいたものです

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
GAGAZINEの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://gaagle.jp/gagazine/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP