体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

自作するわけじゃないけれど PCケースを変えて静音化や省電力化を狙う

PCの自作やパーツ類を交換したことのあるユーザーなら理解できると思うが、長期間PCを使い続けていると、ケース内部に汚れがどんどん溜まっていく。例えきれいな環境にいたとしても、内部に相当量のホコリやチリが溜まり、最終的には思い切った掃除が必要になる。メーカー製、自作、ショップブランドに限らず長期間使い続けたPCケースの中を開けて見たことのある人なら、あのヒドさが理解できるだろう。

そして使い始めて2~3年は、内部を掃除するだけで何とかなるが、3年を過ぎて4年目くらいに入ってしまうと、CPUファンやケースファンといった回転するパーツに相当のガタが来ているのではないだろうか。実は経年劣化で静音性が低下しているにも関わらず、周囲の音に耳が慣れてしまって、それに気が付かなくなってしまうこともあるようだ。

こうした状況を解消するには、CPUクーラーやケースファンを新しいものに交換するのがいいのだが、いっそのこと思い切ってPCケースを交換してしまうのはどうだろう。自作したケースはもとより汎用性の高いパーツを使っているショップ系のPCや直販系のPCであれば、マザーボードさえ新しいPCケースに換装できれば、あとのパーツの移植は非常に簡単だ。もちろん、ケースを新品にしてしばらく使った後で、改めてマザーボードやCPU、メモリー、グラフィックスの交換までしてしまうというのもアリだろう。パーツの換装時に各パーツも掃除できる。

変換効率の良い最新のATX電源を使えば電気の無駄が減るし、CPUファンやケースファンが静音系のモノになるだけで風切り音から解放される。実は、筆者、昨年の暮れにWindows 8へ乗り換えることを契機に、PCケースを新しいものに変更したのだ。ついでにメインメモリーも増設したり、若干だがパワーアップさせた。2万円ちょっとの出費だったが結果は大満足。前に使っていたPCケースと比べて、音が圧倒的に静かになったのだ。おかげで睡眠中にPCで処理をするために起動させたままにしているような際に、よく眠れるようになった。自分のPCが相当へたってきたと気になっている人がいたら、PCケースの交換をしてみることをオススメしたい。

これなら作ってみたくなる!質感の高いHTPC向けケースが登場!
自作するわけじゃないけれど  PCケースを変えて静音化や省電力化を狙うHTPC(Home Theater PC)とは、いわゆるBDタイトルや地デジ放送の録画、ストリーミング配信の高画質映像の再生に特化した専用PCのことだ。ある程度のパフォーマンスがあれば、BDタイトルや地デジ放送の録画ができるので古いマシンにBD-REドライブや地デジチューナーを装着してHTPC化してしまう方法もある。しかし、それをリビングのテレビの脇にど~んと設置するとなると見栄えが悪くなってしまう。かといってHTPC向けのスリムでスタイリッシュなケースとなると2万円前後が相場とHTPCにそこまでのお金はかけたくない。そんなこんなで悩みを抱えている人向けの安価なHTPC向けケースが登場した。

人気のPCケースに姉妹モデル! ZALMANのZ9シリーズの妹分「Z5シリーズ」登場
自作するわけじゃないけれど  PCケースを変えて静音化や省電力化を狙う株式会社アスクは、ZALMAN TECH製のPCケース「Z5シリーズ」を、9月22日に発売する。「Z5シリーズ」は、大好評を博している同社の“Z9シリーズ”の姉妹モデルとなる。ケース本体の上部にスマホ置きスペースを備えていたり、最大長330mmのグラフィックスボードの搭載も可能など、昨今のニーズに応えるさまざまな新機軸を盛り込んでいるのが特長だ。このシリーズは2モデルが用意され、USB3.0ポートとファンコントローラを搭載する上位モデルが「Z5PLUS」、下位モデルが「Z5」となる。

かっこ良すぎるまな板! アスクよりAerocoolの「Strike-X AIR」登場
自作するわけじゃないけれど  PCケースを変えて静音化や省電力化を狙う冒頭の写真を見てこれが何だか理解できる人は、かなりのハードウェア通だ。たいていの人は、何だこれ? という反応を示すはずだ。結論から言ってしまうと、これはPCケースである。通称”まな板”と呼ばれるカテゴリーに属しており、この手のケースがいくつかリリースされている。基本的には、同じシステムを長く使う人向けではなく、頻繁にマザーボードやグラフィックスカードを変えるような人向けになる。

1 2 3次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy