ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ゆとり世代を「ゆとり」と批判する大人はゆとりがないと識者

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 土曜日から始まった大学入試センター試験は、この制度が始まった当初は「共通一次試験」と呼ばれた。「共通一次世代」「マークシート世代」の大人力コラムニスト・石原壮一郎氏は「ゆとり世代を責める大人は己のゆとりのなさを直視すべし」と説く。

 * * *
 1月19日と20日は、大学入試センター試験です。今年の志願者数は、およそ57万人。受験生のみなさん、それぞれの実力を存分に発揮してがんばってください。

 この季節になると、かつて自分たちが「マークシート世代」と呼ばれていたことを思い出します。いわゆる「共通一次」が行なわれていたのは、1979(昭和54)年からセンター試験が始まる前年の1989(平成元)年まで。だいたい今の42歳ぐらいから52歳ぐらいまでが、共通一次を経験しています。

 始まったころは、当時は目新しかったマークシート方式の試験に対して、もっともらしい批判をぶつける人がたくさんいました。論理的な思考力や創造性がなくなって、与えられた答えを探すだけの人間になってしまうとか何とか……。月日がたって、そんな「マークシート世代」も、社会の中堅を担う世代になりました。そして、したり顔で「ゆとり世代の若者は、本当にどうしようもない」とか何とか言っています。ちなみに、センター試験もマークシート方式ですけど、もはやそこは何の話題にもなりません。

 若い世代は、その上の世代から、いつの時代も批判されたり眉をひそめられたりしてきました。50歳前後の私たちは、社会に出るころは「新人類」と呼ばれて気味悪がられたものです。ちょっと先輩たちは、無駄に熱い「団塊世代」の人たちから、何事に対しても冷めていると決めつけられて「シラケ世代」と呼ばれていました。

 そんな歴史を振り返ると、若い世代を「ゆとり」とひとくくりにして批判するのは、けっこうみっともない行為かも。かつて自分たちが若いころには、やたらと「キミたちは新人類だからねえ」と言いたがるオヤジに対して、心の中で「こいつ、頭悪そうだなあ」と軽蔑したり、「自分に自信がないヤツに限って、若い世代を批判したがるんだよな」と冷たい目で見たりしていたはず。無責任で根拠の薄い「ゆとり批判」をすれば、たしかに目先の溜飲は下げられますが、そういう代償は覚悟する必要がありそうです。

 至らない点を批判するのは大いにけっこうだし、ダメなヤツは(ほかの世代にもいるのと同じように)たくさんいるでしょう。しかし、世の中の批判の尻馬に乗って「ゆとり攻撃」に精を出したら、大人としてのゆとりのなさを示してしまうだけ。本人を叱ったり陰で悪口を言ったりするときは、意地でも「ゆとり」という単語を出さずに、どうにか別の表現を使うのが大人の意地であり、大人の余裕がありそうに見せる小細工です。

 しかも、そういう姿勢でいこうと決めれば、同僚たちが「ゆとり批判」をしているのを聞きながら、「こいつら、自分のプライドを守るのに必死でゆとりがないんだな」とこっそり見下すこともできます。なんかちょっと小賢しくてズルイ手法かもしれませんけど、しょせんは「マークシート世代」であり「新人類」なので、そのへんは仕方ありません。



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「これだからゆとりは…」といった言葉や話題は絶対慎むべき
ゆとり世代を怒る時「トドメを刺してはならぬ」と美人経営者
美人すぎる居酒屋社長(24)が“ゆとり世代”の接し方を指南

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP