ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ストナが行く!「第48回 元祖有名駅弁と全国うまいもの大会」は、まさに日本の食のオールスターよ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

改札口っで、君のこと〜、いつも待ったものでした〜♪どうも、ストナ・プレスリーよ!アメリカ生まれの私が何で野口五郎の歌を歌ってるかっていうと、今月22日まで京王百貨店 新宿店でおこなわれている「第48回 元祖有名駅弁と全国うまいもの大会」に行ってきたからよ!正月に食べ過ぎてからというもの、しばらく節制してたけど今日から解禁よ!

このイベントは毎年テレビでも取り上げられているし、知ってる人も多いはず。会場には全国から250種類の駅弁と、スイーツやお惣菜などの「うまいもの」が集結しているの。駅弁だけでこんなに種類があるなんて、日本人は本当に食べることが好きなのね!移動中ぐらい寝たり、本読んだり、静かにしてればいいのに!

毎年、すっごい人出だけど今年もやっぱりスゴかったわよ。行ったのは平日の昼間だったのに、うまく歩けないぐらいの人ごみ!みんなキョロキョロお店を見てるもんだから、なかなか進まないし、立ち止まる人とぶつかるし…、会場を一周するだけでも一苦労だったわよ! ちなみに、会場内には座れるスペースが用意されていて、そこで購入した駅弁を食べている人もいっぱいいたわ。

お店によってはすごい行列ができていたわ!私が行ったときには目玉商品の1つである北海道・稚内駅の「食べくらべ四大かにめし」が1時間待ちだったわよ。その後も、どんどん列が伸びていたり、整理券を配っているところもあったわね。毎年大人気の群馬・横川駅の「峠の釜めし」や「いかめし」もあったわ!ほかにも伊勢エビにのどぐろ、神戸牛に飛騨牛と、まさに「日本の食のオールスター」といっても過言ではないラインナップ!私は実演販売のブース前で、駅弁ができていく様子にしばらく見とれていたわ。

会場内を歩くと、磯の香り、肉を焼いている香ばしい香りが、どこからともなく漂ってくるの。あー!香りが脳に直接届いて、私の身体に「You must buy bento」とささやいているわ! もし、私に理性というものが備わっていなかったら、すべてのお弁当を買い占めていたわね。

魚好きの私的には、新潟駅の「のどぐろとサーモンといくらの弁当」、北海道・旭川駅まんざいどんの「三色弁当」などが特に印象に残ったわね!いろいろ迷ったけど、今日はかに、いくら、うにが食べたい気分!ということで「三色弁当」を買ってみたわ。

見て!この盛り具合。3つの素材があふれんばかりに主張してくるわ。聞こえる…「私を食べて」、「私から食べて」と。いざ食べてみると…何ということでしょう。北海道の海の幸が今まさに口の中で泳いでいる、この感覚!アメリカにいたころには感じたことのない、まさに未体験ゾーンよ。

とにかく、こんなにおいしいものが東京のど真ん中に集まっているんだから、行かない手はないわね。イベントは22日までだから、明日からの土日はおそらくすごい混雑でしょうね。それでも構うことはないわ!食べることが好きな人なら絶対に行った方がいいわよ!そして、日本の食の底力をその目に焼き付けるのよ!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP