ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

明治プリン・抹茶・いちご・カスタード(明治)フォトレビュー

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

『明治プリン』シリーズに「抹茶」(1月15日発売予定)、「いちご」(1月8日発売)が登場。「カスタード」も合せてフォトレビューさせていただきました。

(撮影:ガジェット通信撮影班 周二郎探検隊、wosa)

「明治プリン・抹茶」「明治プリン・いちご」「明治プリン・カスタード」(明治)

まろやかでコク深い“ミルクのおいしさ”で定評のある『明治プリン』から、「ほどよい甘さと酸味」のいちご、そして「抹茶本来の香りと苦みが感じられる」抹茶がラインナップに加わりました。

※記事中コメントは試食したガジェット通信スタッフによるもの。

「プリンにしては意外なほどさっぱりしていて爽やかな味。食後の口直しにちょうどいいです」(20代女性)

「なめらかでトゥルっと口の中に入っていく食感が良いです。甘さもほどよくあっさりめの味なので飽きがこず、あっという間に食べてしまいました。半分まで食べて、あとの半分は下に入っているあずきソースと混ぜると違った味が楽しめておすすめです」(20代女性)

「食べた瞬間、同じ明治さんの『アポロ』を思い出す、甘くて優しいイチゴ味が口の中に広がりましたが、プリンだからか後味はサッパリとしています。ほろにがチョコレートソースも、アポロよりビターでおとなテイストです」(30代女性)

「なめらかさが強くでているのが特徴的でした。カラメルが少ない分、甘さが抑えられておりカスタード感は強かったです」(20代男性)

(メーカー公式リリースより)
株式会社 明治(代表取締役社長:川村 和夫)は、まろやかでコク深い“ミルクのおいしさ”を食後のデザートや夜食、おやつなどで、手軽に楽しめる「明治プリン」シリーズより、ほどよい甘さと酸味が感じられるいちごプリンに、ほろ苦いチョコレートソースを組み合わせた「明治プリン いちご」を2013年1月8日から、抹茶本来の香りと苦みが感じられる宇治抹茶を使用したプリンに、甘みやわらかなあずきソースを組み合わせた「明治プリン 抹茶」を2013年1月15日から、全国で発売します。

冬から春にかけて需要の高まる「いちご」と、人気の和素材である「抹茶」を使用しており、それぞれプリンとソースの風味のコントラストを楽しめます。

スペック:明治プリン いちご

発売日・発売地区
2013年1月8日 全国

特長
まろやかでコクのあるミルクと、ほどよい甘さと酸味が感じられるいちごをバランスよく配合した、優しい味わいのいちごプリンです。
いちごと相性が良い、ほろ苦いチョコレートソース入りで、いちごプリンとの風味のコントラストを楽しめます。

成分組成
無脂乳固形分:8.0%
乳脂肪分:4.4%(プリンベース)
主要栄養成分(1個[90g]当たり)
エネルギー 111kcal、たんぱく質 2.6g、脂質 4.1g、炭水化物 16.0g、ナトリウム 55mg

価格
メーカー希望小売価格:110円(税別)

スペック:明治プリン 抹茶

発売日・発売地区
2013年1月15日 全国

特長
まろやかでコクのあるミルクと、抹茶本来の香り・苦味が感じられる上品な味わいの宇治抹茶を配合した、甘さ控えめの抹茶プリンです。
抹茶と相性が良い、甘みやわらかなあずきソース入りで、抹茶プリンとの風味のコントラストを楽しめます。

成分組成
無脂乳固形分:8.1%
乳脂肪分:3.1%(プリンベース)
宇治抹茶使用
主要栄養成分(1個[90g]当たり)
エネルギー 112kcal、たんぱく質 3.1g、脂質 2.9g、炭水化物 18.3g、ナトリウム 49mg

価格
メーカー希望小売価格:110円(税別)

スペック:明治プリン カスタード

発売日・発売地区
2012年10月2日

特長
こだわりの乳原料と卵をバランスよく配合し、ミルクのコクと卵のまろやかな風味を楽しめるシンプルな味わいのカスタードプリンです。
隠し味にマスカルポーネチーズパウダーを使用し、プリン全体にコクと濃厚感を加えました。
カスタードプリンとの味のコントラストが楽しめる、ほろ苦く香ばしいカラメルソース入りです。

成分組成
無脂乳固形分:8.1%、乳脂肪分:5.0%(プリンベース)
主要栄養成分(1個[90g]当たり)
エネルギー 124kcal、たんぱく質 3.0g、脂質 5.1g、炭水化物 16.4g、ナトリウム 53mg

価格
メーカー希望小売価格:110円(税別)

大きい写真はこちら(Flickr)

ガジェット通信の記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP