体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

防水のiPhone5マウンター! バイクや自転車にiPhone5が装着できるマウント【イケショップのレアもの】

今年の成人式(2013年1月14日)、関東地方は大雪に見舞われ、東京各地の交通網は混乱を極めた。筆者宅の近辺でも、積雪により交通機関が影響を受けた。大雪の中、駅まで歩いて行ったが、鉄道も運休が相次ぎダイアは大幅に乱れており、電車がいつごろ到着するかさえわからないという状態の中、ただ待ち続けるしかなかった。

時間だけは十分にあるので、スマートフォンでネットを見たり、LINEを使って友人たちと大雪について情報交換などをチャットを通してしたりと、急遽できたフリーな時間を有効活用できた。ただ、大雪のためホームは非常に寒く、スマートフォンを持つ手も震えてしまうほどだった。

極寒の中、ようやくホームに滑り込んできた電車に、そそくさと乗り込んだのはよいのだが、車内とホームとの温度差によってメガネとスマートフォンのディスプレイがみるみる曇ってしまった。しかたないので眼鏡ふきで眼鏡とスマートフォンのディスプレイの曇りをふき取ったわけだが、クロスがその後しばらく使え無いほど濡れてしまった。

長時間、寒空の下でいたことや電車内の湿度が高かったことで、久々に盛大な結露を味わったわけだが、スマートフォンのディスプレイ内側が曇ってしまったり、内部の基盤に結露が発生したりしたら、ハイテク機器であるスマートフォンにとっては、最悪故障という事態も起こりえると思うと不安になった。最近のAndroidスマートフォンは防水機能を搭載する端末も増えているが、iPhoneなど非防水の端末では水周りに弱いので、何らかの対策が必要になる。

大雪当日は、午前10時頃から降雪だったこともあり、自転車で出かけてしまった人もいたようだ。iPhone ユーザーには駅まで自転車で通っているという人も多く、急な雨や雪に見舞われたときの防水対策が悩みのタネだ。

そんな人におススメしたいのが、今回紹介する「ArmorCase Waterproof Bike Mount iPhone5」だ。iPhone 5を自転車やバイクのハンドルに固定することができるケース&マウンターだ。ほかのマウンターと違うのは、防水機能、しかもかなり強力な防水機能が付いているところだ。写真を見てピンと来た人もいるだろう。そう以前紹介した「Waterproof Bike Mount Case for iPhone4/4S」のiPhone 5対応版である。

■ワンタッチで装着可能
この製品、iPhone5を収めるケース部分と自転車のハンドルに取り付けるマウンター部分に分かれている。まずはiPhoneをケース部分に入れることから始める。ケース部分は大きく開く構造になっているので、iPhone 5をケース内に入れたら、フタをするような感じでケースを閉じるだけでいい。iPhone 5にピッタリフィットするようにパッキンが設けられているので、かなりしっかりとホールドされるようになっている。

防水のiPhone5マウンター! バイクや自転車にiPhone5が装着できるマウント【イケショップのレアもの】このように大きく開く構造になっているのでiPhone装着も簡単。

■20mm~40mmのハンドルに簡単装着
自転車のハンドルに取り付けるマウンター部分は、ハンドルを挟み込む形になっており、固定レバーをゆるめてハンドルに挟み込んだら、あとは手でねじを回して締め込んで行って固定レバーを固定側に倒すとハンドルにがっちりと固定される。ハンドルの直径20mmから40mmまでのハンドルに固定できるようになっているので、自転車だけじゃなくバイクなどにも装着可能だ。ハンドルに固定できればiPhoneケース側とはワンタッチで着脱可能だ。

防水のiPhone5マウンター! バイクや自転車にiPhone5が装着できるマウント【イケショップのレアもの】ハンドルに挟み込んだらレバー部分を締め込んで固定する 防水のiPhone5マウンター! バイクや自転車にiPhone5が装着できるマウント【イケショップのレアもの】ケース部分はマウント部分に容易に着脱可能になっている。 防水のiPhone5マウンター! バイクや自転車にiPhone5が装着できるマウント【イケショップのレアもの】装着はこんな感じになる。360度回転するのでタテヨコ自在だ。
1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。