ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

録画番組を外出先で再生!DTCP+対応HDD「RECBOX」が登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

地デジ化にともない、デジタルハイビジョン番組をハードディスクレコーダーに録画しているご家庭も多いだろう。デジタルハイビジョン番組は、著作権保護されているので、録画番組を外出先で見られなかった。

そうした事情を踏まえ、DTLA(Digital Transmission Licensing Administrator)は2012年1月、新たな規格「DTCP+」を策定した。同規格に対応した製品であれば、著作権保護されたデジタルハイビジョン番組をインターネットを介して外出先から再生することができる。

ハイテク家電で新生活」で紹介しているアイ・オー・データ機器は2013年1月16日、DTCP+対応ハードディスク「RECBOX」を発表した。
価格は、メーカー希望小売価格で、「HVL-A2.0」(2TB)が2万6,400円、「HVL-A3.0」(3TB)が3万4,900円、「HVL-A4.0」(4TB)が4万9,800円。いずれのモデルも2月下旬より出荷予定。

■外出先でデジタルハイビジョン番組を再生できる
「RECBOX(レックボックス)HVL-Aシリーズ」は、世界初となるDTCP+技術を利用したハイビジョンレコーディングハードディスクだ。

本製品に保存したデジタルハイビジョン番組を、家の中だけでなく外出先のパソコンでも再生できるので、場所にとらわれずいつでも好きなところで番組を楽しめる。
さらに、番組のダビング・ムーブなどの操作を、スマートフォン・タブレットからおこなうことができ、使い勝手もよい。
外出先のパソコンでデジタルハイビジョン番組を再生できる
■スマホからRECBOXを操作できる
スマートフォンを使って本製品にアクセスすれば、本製品の設定が簡単にできる。ムーブ・ダビング、タイトル変更などの操作はすべて、スマートフォンやタブレットからおこなえる。
ムーブ・ダビング、タイトル変更などの操作は、やタブレットからおこなえる
DTCP+対応ハードディスク「RECBOX」製品情報
アイ・オー・データ機器

外部サイト

580gのWin8タブレット ASUSがClover Trail搭載Windows 8タブレットを発表
日本じゃ余裕だけれども・・・ すれちがい通信を使って3DSの北米での普及度合を調べてみた【デジ通】
セカンドテレビにつないで録画できる!6千円台で購入できる「カクうす」が凄い

(http://news.livedoor.com/article/detail/7323649/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP