ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ファイア ビタービター(キリン)フォトレビュー

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

ファイア ビタービター(キリン)

(メーカー公式サイトより)
 「ファイア ビタービター」は、コーヒー豆を炭火で深く直火焙煎し、苦味の効いたカカオを加えたビタータイプの缶コーヒーです。「ファイア」ブランドこだわりの直火焙煎技術を用いて、更に力強い苦味を実現するために、炭火でコーヒー豆の芯までじっくり焙煎しました。また、コーヒーと相性の良いカカオの苦味を加えることで、奥深い味わいに仕上げました。

※記事中コメントは試飲したガジェット通信スタッフによるもの。

ミルクの入った甘さ控えめの程よい苦味が強調されたコーヒーでした。
煎った豆の香りがとても良い。

カカオの香り高く、商品の特徴ともいえる苦味に関しては浅過ぎず深過ぎずで万人受けする仕上がりになっています。また想像以上に苦みは後を引かず爽やかで、朝や夜に関わらずスッキリとリフレッシュしたい方には良き一杯となりそうです。

しっかりビター!!!苦くてほんとに濃厚な味わいです。
甘さ控えめなので、飲んだ後、嫌な甘ったるさはなく、スッキリと飲めます。
眠気覚ましにもいいかな。

口当たりは優しいけれども、後味はスッキリとした苦味が残ります。きちんとした豆の香りと苦みが引き立ち、全体にバランスの良い味わいでした。

まず香りからして「甘くない、ビター」な感じが漂っています。
しかし口にふくんだ瞬間はマイルドで、さほど苦さを感じませんでした。
むしろ「あれ? 甘い?」と一瞬思ったほど。
(私が普段、ブラック派だからかもしれません)
しかし、飲み終わってからの後味がしっかりとビターでした。
苦味があるのにスッキリして美味しかったです。

メーカー公式サイト

キリン ファイア ビタービター
http://www.beverage.co.jp/company/news/page/news2012122501.html

スペック

商品概要

1.商品名
「キリン ファイア ビタービター」
2.発売日
2013年1月15日(火)
3.発売地域
全国
4.名称
コーヒー
5.容量・容器/入数
185g缶/30本入り  
6.価格
115円  ※消費税抜き希望小売価格   
7.商品特長
コーヒー豆を炭火で深く直火焙煎し、苦味の効いたカカオ豆を加えたビタータイプの缶コーヒー。「ファイア」ブランドこだわりの直火焙煎技術を用いて、更に力強い苦味を実現するために、炭火でコーヒー豆の芯までじっくり焙煎した。また、コーヒーと相性の良いカカオの苦味を加えることで、奥深い味わいに仕上げた。

ガジェット通信の記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP