ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お気に入りの曲で音ゲーを作れる!楽しめる「beat gather」【iPhoneアプリ】【iPadアプリ】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

iPhoneの中のお気に入りの曲で音ゲーを楽しもう!!
コナミの音ゲーは初代のビートマニアではまり、プレステ用のコントローラーをかって楽しんだりしていました。あれから15年(?!)ゲーム機を卒業した今、スマートフォン、タブレット端末で同社の音ゲー「jubeat plus(ユビートプラス)」を楽しんでいたりします。

今回紹介する「beat gather(ビートギャザー)」は、iPhoneやiPadの中の音楽で音ゲーが楽しめる画期的なゲームです。
■beat gatherはどんなアプリ?
iPhone、iPadの中の音楽データで音ゲーが楽しめるbeat gatherの仕組みはこうだ。

1)ネット上に共有されている遊びたい音楽(曲名・アーティスト名)のゲームデータ、「ユビフ」をダウンロードしてプレイする
2)自分でユビフを作る
3)オートでユビフを作成させる

上記の3つの方法で音ゲーが楽しめる仕組みとなっている。

ゲームシステムは、タイミング良く移動してくる●マーカーをタッチしたり、矢印のマーカーをフリック、帯状のマーカーを長押ししするというもの。

これらの音楽に合わせたゲームデータをユビフと言い、このユビフを自作、そしてユーザー同士での共有が楽しめるアプリだ。


お気に入りの曲を選んだらユビフを探そう


バーの上にマーカーが来たらタップする。斜めの帯は指を横方向へドラッグしよう


自分だけのオリジナルユビフが簡単につくれちゃう

■beat gatherはどうなの?
音ゲーとして、タップだけではなくフリックや長押し、長押ししながらの左右ドラッグなど様々なアクションがあり、音ゲーとしては豊富なアクションバリエーションを楽しむことができる。

長押しの左右ドラッグはビブラートやベンドと言った歌唱法や演奏などのイメージを再現できる面白いアイディアだと思う。

ソーシャルゲーム的な要素が盛り込まれており、共有したユビフの人気度を楽しんだり、ハイスコアを競うこともできる。ただ作るだけではなく、人気度があるため作る側のモチベーションも上がるような仕組みになっている点が面白い。

ユビフは音のトレースだけではなく、ベースだけ、ギターだけ、振り付けのイメージなど様々なアプローチがあるので作り手の個性がだせるので、ちゃんレジしてみてはどうだろうか?

アイドルの楽曲などは、イントロのMIXやケチャの手振り、フリコピのイメージなどを付けてライブ感あるユビフも作れるのではないだろうか?これなら沸きながらプレイできて良さそうだ(笑)。

記事執筆:mi2_303

アプリ名:beat gather
価格:無料
カテゴリ:ゲーム
開発者:KONAMI
バージョン:1.1.4
条件:iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 4.3 以降が必要 iPhone 5 用に最適化済み
iTunes Store:http://itunes.apple.com/jp/app/beat-gather-jp/id467027855?mt=8

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX – Facebookページ
【これは絶対入れてみたい!エスマックスがオススメする「iPhoneアプリ」特集】 – S-MAX – ライブドアブログ
iPhoneアプリ – S-MAX – ライブドアブログ

外部サイト

ASUS、低価格な7インチAndroidタブレット「ASUS MeMO Pad」を発表!価格は約1.3万円で1月中にも発売
お気に入りの曲で音ゲーを作れる!楽しめる「beat gather」【iPhoneアプリ】【iPadアプリ】
携帯電話4社、東京メトロ丸の内線・銀座線・半蔵門線の一部区間をエリア化

(http://news.livedoor.com/article/detail/7322467/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP