ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界初!表裏2つの画面搭載で2台分使える 新スタイルUltrabook「ASUS TAICHI」【この冬欲しいWindows8搭載コンバーチブルノート】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

昨年(2012年)は。AppleからiPad miniやGoogleからNexus7など、7インチクラスの端末が発売され、本格的なタブレット端末時代の幕が開いた年だといえる。

そんななか、2012年10月26日、Microsoftより発売された新OS「Windows 8」は従来のマウスとキーボードで操作するデスクトップ画面だけでなく、iPadやAndroidなどの人気タブレット端末のように画面に直接タッチして操作できるタイル状の新しいインターフェイスが特長となっている。

タッチ操作ができる新OS「Windows 8」の特長を活かして、ノートPCスタイルとしても、タブレットスタイルとしても利用ができるコンバーチブルマシンの発表がPCメーカー各社から相次いでいる。

そこで、当ブログメディアITライフハックでは、Windows 8搭載コンバーチブルマシンが持つ特長をクローズアップし、アナタにふさわしいWindows 8マシン選びを探ってみたい。

是非、後悔しないWindows8搭載コンバーチブルマシン選びの参考にしていただきたい。

今回は、ASUSから発売された両面にフルHDディスプレイを搭載したノートPCとしてもタブレットとしても利用できる「ASUS TAICHI」を紹介しよう。

■背面にもディスプレイ!4つのモードに自在に変化するASUS TAICHIASUS TAICHIの最大の特長は正面だけでなく背面にもフルHDディスプレイを搭載したことにより、ノートPCやタブレットとして使えるだけでなく、表裏どちらにも同じ画面を表示するミラーモードや、両方の画面にそれぞれ別の画面を表示・使用することができるデュアルスクリーンモードなど、従来のノートPCでは行えなかった多彩な利用方法が可能となっている点だ。

ASUS TAICHIは、画面を閉じれば背面の液晶を利用してタブレットとして使える。また開けば、キーボードを搭載しているので、これまでのノートPCと同じスタイルで、Webブラウズや文書作成なども快適に行える。

2つの液晶に同じ画面を表示できるミラーモードは、ビジネスでのプレゼンテーションやファイルや動画の共有も簡単に行えるほか、両方のスクリーンにそれぞれ違う画面を表示できるデュアルスクリーンモードでは、背面の画面で動画を再生しながら、正面の画面でWebブラウズをするといった、まるで2つのノートPCを使っているかのような利用方法も可能となる。


本体正面を開くとノートPCスタイルとして利用できる


背面の液晶に画面を表示すればタブレットとしても使える


背面液晶と正面液晶に別の画面を映すことも可能。

■フルHD液晶を2面に搭載!ビジネス・エンタテイメントを満喫できる
ASUS TAICHIの画面は両面ともにフルHD解像度(1920×1080ドット)の11.6型ワイド液晶を搭載しており、広い画面で快適に文書作成やWeb閲覧などのビジネス用途はもちろん、動画や写真の閲覧などエンターテイメントを思っきり楽しめる。

駆動時間は内蔵バッテリーで約5.2時間となっており、やや短いがオフィスや自宅などで利用するのならば十分な容量だ。

ボディの薄さは最厚部で約17.4mm、重さは約1.25kgと2画面液晶を搭載しているとは思えないほどコンパクト。側面にはHDMI端子、mini-VGA端子、USB3.0のポートも2つ搭載。タブレット画面スクリーンロックもあるので、気が付かないうちにタブレット画面が表示されることも防げる。


ノートPCモードの正面。液晶のサイズは11.6型、解像度は1920×1080ドット


本体底面


画面たたんだ状態。タブレットモード正面


正面向かって右側面に電源ボタン、HDMI端子、USB 3.0コネクター、電源端子を搭載


正面向かって左側面にはヘッドホン出力、USB 3.0コネクター、mini-VGA、音量調節ボタン、タブレット画面スクリーンロック


キーボード部は明るさ自動調節を行うLEDバックライトのイルミネートキーボードを搭載

付属品としてスタイラスペン、USB・LAN変換アダプタ、VGAアダプタを同梱

■まとめ
ASUS TAICHIは両面に2つのディスプレイを搭載したことにより、これまでのノートPCやタブレットスタイルでの利用の他に、2つのスクリーンに同じ画面を表示したり、別々の画面を表示したりと、今までにない斬新なスタイルでPCを利用できる。

Windows 8を標準搭載しているので、タブレットモードではタッチでサクサクと操作できるのも便利だ。またスリープ状態から約2秒で高速復帰できる「Instant on」機能も搭載し、いつでもどこでも待ち時間なしでPCを利用できる。

残念な点をひとつあげるとすれば、内側のディスプレイがタッチ非対応なことだが、タッチ操作はタブレットモード時の利用が主になるので、実際の利用シーンでは不便さは余り感じることは少ないだろう。

各社から数多くのコンパーチブルマシンが発売されているが、ノートPCやタブレットとしてだけではなく、背面の液晶を利用した新しいスタイルのノートPCを利用したいと考えているならば、ぜひ使ってみて欲しい。

■主な特徴

ASUS TAICHI
ASUS
ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

外部サイト

残すところあとわずか! 東京メトロにおける携帯電話のサービスエリア拡大
Windows 8を電源長持ち&安全化するワザ【知っ得!虎の巻】
タイムゾーンの設定に注意! 海外渡航時のスケジュール管理術【デジ通】

(http://news.livedoor.com/article/detail/7319453/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP