体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界初!表裏2つの画面搭載で2台分使える 新スタイルUltrabook「ASUS TAICHI」【この冬欲しいWindows8搭載コンバーチブルノート】

昨年(2012年)は。AppleからiPad miniやGoogleからNexus7など、7インチクラスの端末が発売され、本格的なタブレット端末時代の幕が開いた年だといえる。

そんななか、2012年10月26日、Microsoftより発売された新OS「Windows 8」は従来のマウスとキーボードで操作するデスクトップ画面だけでなく、iPadやAndroidなどの人気タブレット端末のように画面に直接タッチして操作できるタイル状の新しいインターフェイスが特長となっている。

タッチ操作ができる新OS「Windows 8」の特長を活かして、ノートPCスタイルとしても、タブレットスタイルとしても利用ができるコンバーチブルマシンの発表がPCメーカー各社から相次いでいる。

そこで、当ブログメディアITライフハックでは、Windows 8搭載コンバーチブルマシンが持つ特長をクローズアップし、アナタにふさわしいWindows 8マシン選びを探ってみたい。

是非、後悔しないWindows8搭載コンバーチブルマシン選びの参考にしていただきたい。

今回は、ASUSから発売された両面にフルHDディスプレイを搭載したノートPCとしてもタブレットとしても利用できる「ASUS TAICHI」を紹介しよう。

■背面にもディスプレイ!4つのモードに自在に変化するASUS TAICHIASUS TAICHIの最大の特長は正面だけでなく背面にもフルHDディスプレイを搭載したことにより、ノートPCやタブレットとして使えるだけでなく、表裏どちらにも同じ画面を表示するミラーモードや、両方の画面にそれぞれ別の画面を表示・使用することができるデュアルスクリーンモードなど、従来のノートPCでは行えなかった多彩な利用方法が可能となっている点だ。

ASUS TAICHIは、画面を閉じれば背面の液晶を利用してタブレットとして使える。また開けば、キーボードを搭載しているので、これまでのノートPCと同じスタイルで、Webブラウズや文書作成なども快適に行える。

2つの液晶に同じ画面を表示できるミラーモードは、ビジネスでのプレゼンテーションやファイルや動画の共有も簡単に行えるほか、両方のスクリーンにそれぞれ違う画面を表示できるデュアルスクリーンモードでは、背面の画面で動画を再生しながら、正面の画面でWebブラウズをするといった、まるで2つのノートPCを使っているかのような利用方法も可能となる。

IMG_0344

本体正面を開くとノートPCスタイルとして利用できる

IMG_0382

背面の液晶に画面を表示すればタブレットとしても使える

IMG_0366

背面液晶と正面液晶に別の画面を映すことも可能。

■フルHD液晶を2面に搭載!ビジネス・エンタテイメントを満喫できる
ASUS TAICHIの画面は両面ともにフルHD解像度(1920×1080ドット)の11.6型ワイド液晶を搭載しており、広い画面で快適に文書作成やWeb閲覧などのビジネス用途はもちろん、動画や写真の閲覧などエンターテイメントを思っきり楽しめる。

駆動時間は内蔵バッテリーで約5.2時間となっており、やや短いがオフィスや自宅などで利用するのならば十分な容量だ。

ボディの薄さは最厚部で約17.4mm、重さは約1.25kgと2画面液晶を搭載しているとは思えないほどコンパクト。側面にはHDMI端子、mini-VGA端子、USB3.0のポートも2つ搭載。タブレット画面スクリーンロックもあるので、気が付かないうちにタブレット画面が表示されることも防げる。

IMG_0305

ノートPCモードの正面。液晶のサイズは11.6型、解像度は1920×1080ドット

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会