体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

iPhone、iPadでボカロP始めちゃいますか「iVOCALOID 蒼姫ラピス」−iVOCALOID編曲編−【iPhoneアプリ】【iPadアプリ】

iPadバンド登場?!
初音ミクという新しいカルチャーを生み出した音声合成ソフト「VOCALOID」、iOS向けに女性ボーカルライブラリ「iVOCALOID-VY1」、男性ボーカルライブラリ「iVOCALOID-VY2」がありましたが、昨年末に個性的なボイスの「蒼姫ラピス(あおきらぴす)」バージョンがリリースされました。

歌詞を入力して、音程を付けて編集するという簡単なソフトではありますが、細かいテクニックが必要であったりもします。そこで本連載“iPhone、iPadでボカロP始めちゃいますか「iVOCALOID 蒼姫ラピス」”では、数回にわたり蒼姫ラピスのアプリを使用したレポートをお届けしたいと思います。

前回の第四回目で歌が完成しましたので、第五回目となる今回はドラムやベースなどを加えてロック風にアレンジ(編曲)してみたいと思います。

02

iVOCALOIDはアプリ間でオーディオデータのやりとりができる「AudioCopy」に対応していますので、出力アイコンをタップしてAudioCopyを選びダイアログをタップして完了させます。このコピーしたデータをAudioCopyに対応したアプリにペーストします。

03

今回は簡単にアレンジができるスタジオアプリ「Garageband」を使用します。新規プロジェクトを作り、Audio Recorderを選んでトラック画面を表示させます。トラックの空き部分をタップすると「ペースト」のポップアップが表示されるのでペーストをします。

04

歌をペーストして、Garagebandのテンポを歌のテンポに合わせます
これで歌をGaragebandで扱うことができるようになりました。

05

それではドラムトラックを作ってみましょう。音源から「Smart Drums」を選びます。それっぽくなるようにキック、スネア、ハイハットをマトリクス上に配置します。配置が終わったら録音ボタンを押してドラムトラックを録音します。

ちなみに録音機能は、各楽器の位置を変えると変化したパターンを録音できるようになっていますので、所々で変えてみると良いでしょう。

06

iVOCALOID 蒼姫ラピス その12
ロック風ドラムが入ってかっこよくなって来ました。

07

次にベーストラックを作ります。ベースの楽器/スタイルから好みのものを選びます。ここからは音楽的な知識が必要になりますが、Garagebandの凄いところは知識が無くても何となくそれっぽいモノが作れてしまうところです。

1 2 3 4次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。