ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、主力スマホ「GALAXY S」シリーズが累計1億台を突破と発表!最新モデルGALAXY SIIIも世界販売台数が4千万台を超える

DATE:
  • ガジェット通信を≫


GALAXY Sシリーズが1億台を突破!
Samsung Electronics(サムスン電子)は14日、同社の主力スマートフォン(スマホ)シリーズ「GALAXY S」の全ラインナップの累計販売台数が1億台を突破したと発表しています。

GALAXY Sシリーズは2010年5月に市場に初投入され、約2年7ヶ月で供給ベースではありますが、累計1億台販売に到達したことになります。

また、GALAXY Sシリーズの最新モデである「GALAXY SIII」も累計で4千万台を超え、1日平均約19万台レベルの販売量を着実に続けているとのことです。

GALAXY Sシリーズは、海外では2010年5月にはじめて販売開始され、シリーズを重ねるごとに確実に販売台数を伸ばし、この度、シリーズ累計1億台を突破したとのこと。

国内でも、2010年10月にNTTドコモ向けに「GALAXY S SC-02B」が発売され、それ以降、ドコモ向けに「GALAXY SII SC-02C」、「GALAXY SII LTE SC-03D 」、「GALAXY SIII SC-06D」、「GALAXY SIIIα SC-03E」と継続してラインナップを投入し、国内でも屈指の人気スマホとなり、さらに、KDDIからもau向けに「GALAXY SII WiMAX ISW11SC」および「GALAXY SIII Progre SCL21」が投入されています。

ラインナップごとに見ると、最新モデルのGALAXY SIIIが最も販売ペースが早く、発売後50日で1000万台、5ヶ月で3000万台、7ヶ月で4000万台を超えるペースとなっており、続く、グローバルスマートフォン市場1位達成の牽引役となったGALAXY SIIも発売から20ヶ月で4000万台が販売され、ロングセラー製品となっているということです。

初期モデルのGALAXY Sもシリーズのトップバッターとして市場に受け入れられ、2500万台を販売されてきたそうです。

これらの結果は、製品の魅力もさることながら、GALAXY Sシリーズを含めたGALAXYシリーズのユーザー認知度を高めるために世界各地で「GALAXY Studio」を運営し、消費者と直接コミュニケーションするマーケティングなどの成果だとしています。

記事執筆:memn0ck

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
삼성 스마트폰 '갤럭시S' 시리즈,1억대 판매 돌파 SAMSUNG

外部サイト

KDDI、Android 4.0を搭載したスティックタイプのSTB「Smart TV Stick」を2月中旬以降に提供開始予定
Samsung、主力スマホ「GALAXY S」シリーズが累計1億台を突破と発表!最新モデルGALAXY SIIIも世界販売台数が4千万台を超える
iPhone、iPadでボカロP始めちゃいますか「iVOCALOID 蒼姫ラピス」-iVOCALOID編曲編-【iPhoneアプリ】【iPadアプリ】

(http://news.livedoor.com/article/detail/7318694/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP