ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

話題の新ユニット、スコット&リヴァースが日本語オリジナル・アルバム発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

 

〈RADIO CRAZY〉や〈COUNTDOWN JAPAN 12/13〉などに出演して話題を呼んだウィーザーのリヴァース・クオモとアリスターのスコット・マーフィーによる新ユニット、スコット&リヴァース。彼らが3月20日にオリジナル・アルバム『スコットとリバース』をリリースすることが決定した。


スコット&リヴァース 『スコットとリバース』
通常盤ジャケット画像

J-POPナンバーを中心とするカヴァー・アルバム・シリーズ〈GUILTY PLEASURES〉でお馴染みのスコットと、熊本出身の女性と結婚し、週5ペースで日本語を習っていたこともあるというリヴァース。日本をこよなく愛し、日本の音楽にも精通する2人が構想に5年を費やしたという今回のアルバムは、すべて日本語詞のオリジナル曲で構成。初期ウィーザーを彷彿とさせるメロディー・ラインに、アメリカ人ならではの視点で綴られた日本語の歌詞が乗る模様で、その仕上がりが楽しみなところだ。

現在、ユニバーサルミュージックのYouTube公式チャンネルではアルバムのリード・トラック“HOMELY GIRL”のリリック・ヴィデオを公開中。NHKの〈どーもくん〉など、さまざまなキャラクターのデザインを手掛けてきたdwarfの合田経郎によるこの映像は、スコットとリヴァースの手書き文字を使用し、楽曲の世界観とマッチしたものとなっている。気になる人はぜひチェックを!

 

・スコット&リヴァース “HOMELY GIRL”リリック・ヴィデオ

カテゴリー : エンタメ タグ :
タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。