ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

JAM Projectの主題歌が無駄にかっこよすぎ! 戦士と勇者の5分間ギャグアニメ『戦勇。』クロスレビュー[6.7/10点]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫



2013冬アニメクロスレビュー『戦勇。』

ある日突然、世界に穴が開いた。そして同時に魔物が現れた。

「これははるか昔、世界を恐怖に陥れてきた禍々しき存在、魔王ルキメデスが、
 1000年前の勇者クレアシオンによる封印を破り、復活を果たしたに違いない。」

そう判断した国王は、勇者の子孫を魔王討伐に向かわせることにした。――その人数、75人。
ようは1000年もするとだれが子孫なのか分からなくなっていたのである。

新米勇者アルバと王宮戦士ロスによる魔王討伐の旅はこうして始まった。
ヘタレ勇者とドS戦士が紡ぐ、バトルあり、笑いあり、感動ありの冒険譚、ここに開幕!!

原作/春原ロビンソン
アニメーション制作/Ordet×LIDEN FILMS
監督/山本寛
声優/下野紘、中村悠一、茅野愛衣、ほか
1月8日よりスタート
テレビ東京 毎月火曜日 深夜25時35分~
公式サイト:http://senyu.tv/[リンク]

『ガジェット通信』冬アニメクロスレビュー 記事一覧はこちら

総合得点 平均

6.7/10点(レビュアー 3名)

アニ二郎探検隊 のレビュー

演出 7
脚本 8
作画 6
OP/ED 7
安定の痛い目にあう下野度 10
-----
総合 7

5分アニメです。こちらの勇者さんはたくさんいる勇者の子孫かもしれない人のうちの一人。NO.45だそうです。魔王討伐に向かう勇者と同行する王宮戦士によるミニコントというスタイルで細かいボケを重ねていきます。
だいたい下野さんが演じるキャラは痛い目に合うのですがこちらも安定の誰かがボケる→下野痛い目にあう→下野全力でツッコむという構図を楽しむアニメですね。軽い感じで前期作品のうーさーがいたり主題歌がJAM Projectだったりといろいろ突っ込みどころの多い作品なので見てみると良いと思います。

srbn のレビュー

演出 6
脚本 6
作画 6
OP/ED 7
いい意味で詐欺 8
-----
総合 7

ただでさえ短い放送時間の中でOP、EDがたっぷりと聴ける上に曲が無駄にかっこいいという詐欺っぷり。壮大なBGMに対してのキャラクターのやる気の無さときたらもう。下野さんが虐げられながらひたすらツッコミ役に回っている図、すごく合っていておもしろいです。色々考えた結果、ニセパンダさんが主役ということがわかったので、これからニセパンダさんを応援して行きたいと思います。

鬼嶋 ピロ のレビュー

演出 6
脚本 6
作画 6
OP / ED 6
下野さんツッコミ祭り度 10
-----
総合 6

戦士と勇者の物語だから戦勇ってタイトルなのねw
あえて言うとするならRPGショートギャグアニメかwwwこれは良い下野さんツッコミアニメwww相手は悠一さんだが、この二人の絡みって個人的にはあんまりイメージになかったwwなんかに似てるな~と思ったらノリがちょいちょいギャグ漫画日和チックなんだなとww
ナレーションはジョージさんだし、何故かうーさーさん出てたり、EDがサジタリのパロっぽかったりするのに歌ってるのはJAMだったりと不思議なアニメですwwwJAMがかなり良い歌にしちゃってるんでEDは必聴ですww

レビュアープロフィール

アニ二郎探検隊

アニメの流通も手がける某企業に勤務する元イベント屋の30代

srbn

OPやEDに弾幕が流れるようなアニメをよく観ていますよ。

鬼嶋 ピロ

業界の隙間でぬるっとなんやかんやしてるアニヲタDQNですw

ガジェット通信の記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP