ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

背面タッチパネルやレゴ付き!CESで見つけたiPhoneケース〜CES番外編〜 【デジ通】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

CESやIT関連のイベントで必ず見かけるグッズのひとつに、iPhoneなどスマートフォンやタブレット用のケースがある。ただスマホ用ケースはネット通販や店頭販売で、それこそ無数の製品が販売されており、「デザインがいい」とか「バッテリー内蔵」というようなインパクトの低い機能では、CESのような巨大な展示会場では、誰も見向きもしないのが現状だろう。

ということでCES取材の最中に見つけたユニークな機能を搭載したiPhoneケースを紹介しよう。■アンティークカメラ風デザインのケース
「Black Eyed Peas」のWill.i.amによる初めてハードウェアで、見た目は古いフィルムカメラそのもの。iPhoneの見た目からデジカメのようにしてしまうケースのfotoシリーズだ。機能別にいくつかのモデルがあるが、どれもケースとしての実用性ではなく、ファッションやカメラ機能など、通常のケースとはかけ離れた部分に注力した製品と言えるだろう。

価格も200ポンド(日本円では3万円程度)からと決して大量に販売することを目的としたわけではない製品だ。
このようなバリエーションの製品も出せることからiPhoneのケース市場の大きさがわかる。

■背面と横のセンサーを追加

PS Vitaのように背面にタッチパネルを拡張し、横にもタッチセンサーを搭載したケースがCanopyの「Sensus」だ。iPhoneとの接続は標準のコネクターを使用し、ケースの背面部分と横面にセンサーを内蔵しており対応するアプリケーションを使うことで、これらのセンサーを活用できるようになる。

裏面のタッチセンサーを表面と同じように活用するのを始め、横のセンサーはタッチした場所などに合わせてファンクションキーのように設定できるので、活用自体では様々なことに応用可能だ。このケースを使うことを前提にアプリを開発するなんてこともできるかもしれない。

どのように使用するかはこれからの課題だろうし、アプリ自体の対応が必要で、すぐになにかが便利になるわけでもない。しかし、ケース自体の価格は60ドルからと手の届かない価格ではないので、このような機能を便利に使えるアプリ類が増えてくると、今後のスマートフォンのさらなる活用の道が見えてきそうだ。

■レゴブロックと互換性のあるケース

ケースとしての実用性は高くはないものの、単なる保護カバー的なケースとは異なり、ケースを保護的な役割以上の使い方を提案しているのがSmallworksの「Brickcase」だ。

レゴブロックと互換性があるため、レゴでロゴを付けてみたり、装飾をするといったことが可能になる。世界でたったひとつのiPhoneケースを作ることができる。オリジナル性を前面に出せるという意味では、魅力のあるケースと言えるだろう。

上倉賢 @kamikura [digi2(デジ通)]

外部サイト

IT業界の2013年動向を見る 2013年International CES関連記事まとめ
ブラウザ使いこなし術 Firefoxの便利アドオン&活用ネタまとめ【知っ得・まとめ】
ハイエンドグラボにも対応 GeForce GTX 680も載せられるHTPC向けケース

(http://news.livedoor.com/article/detail/7312652/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP