体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

iPhone、iPadでボカロP始めちゃいますか「iVOCALOID 蒼姫ラピス」−iVOCALOID歌唱編−【iPhoneアプリ】【iPadアプリ】

いよいよ歌います
初音ミクという新しいカルチャーを生み出した音声合成ソフト「VOCALOID」、iOS向けに女性ボーカルライブラリ「iVOCALOID-VY1」、男性ボーカルライブラリ「iVOCALOID-VY2」がありましたが、昨年末に個性的なボイスの「蒼姫ラピス(あおきらぴす)」バージョンがリリースされました。

歌詞を入力して、音程を付けて編集するという簡単なソフトではありますが、細かいテクニックが必要であったりもします。そこで本連載“iPhone、iPadでボカロP始めちゃいますか「iVOCALOID 蒼姫ラピス」”では、数回にわたり蒼姫ラピスのアプリを使用したレポートをお届けしたいと思います。

第一回目のiVOCALOID解説編第二回目の発声練習編第三回目の符割編に続いて、第四回目となる今回はいよいよ歌詞に音階を付けて歌わせてみます。

前回の行程で符割が終わっているので、今回の作業は発音に対して音程を付けていきます。iOS版のVOCALOIDは声を上下にドラッグして音程を簡単に変更できます。ただし、八分音符の短い音符の場合は上下ドラッグが使えないため、一度その発音部分をタップして消去してから、新たに置き直します。

02 03

ノリで上下に音を割り振っていきます。何となく歌っぽくなってきました。それでは聴いてみましょう。

iVOCALOID 蒼姫ラピス その8
今回の歌詞8小節分に音程を付けるのに要した時間は10分もかかっていません。時間なりのメロディーという感が見え見えですが、このまま次の工程に進みます。

04

音に強弱を決めていきます。声を伸ばす部分にはクレッシェンド(だんだん強く)風にしたりしています。後半の「す ま す ま・・・」の「ま」の部分を強調するように強弱を付けてみました。

05

iVOCALOID 蒼姫ラピス その9
歌のうまさの秘訣と言えば綺麗なビブラートですよね。まずは、声を伸ばす部分にビブラートがかかるように設定していきます。わざと強く掛けてみてどれ位のビブラートがちょうど良いか探りながら作業を進めていきます。

06
1 2 3次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。