体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

IT業界の2013年動向を見る 2013年International CES関連記事まとめ

毎年、年始に最先端のITテクノロジーやデジタル家電、新製品のお披露目となる場所が米国ネバダ州ラスベガスである。今年2013年は1月8~11日(火~金)にかけて世界最大の消費者向けテクノロジートレードショー「International CES」(CES=Consumer Electronics Show:コンシューマー・エレクトロニクス・ショー、開催者:CEA)が開催された。

砂漠の中の人口都市、カジノの都、ギャンブルのイメージが強いラスベガスは、この時期気温が零下になり雪が降ることもあるオフシーズンにも関わらず、大勢のIT関係者やメディアが押し掛けCES一色に染まる。4日間で15~16万人が来場するため、この期間中は会場近くのホテルは宿泊代金が軒並み高騰し、会場となるLas Vegas Convention Center and World Trade Center(LVCC)近くのホテルから埋まっていく。

またCES期間中は、およそギャンブルとは無縁に見えるホワイトカラー連中が大挙してホテルと会場の行き来だけを行うため、ホテル内のカジノでギャンブルに興じる人がほとんどいないという異様な光景が見られるのもCESの特色だ。各ホテルを縫うように通っているモノレールが、さながら日本の通勤時の満員電車のようになる。

本会場となる総面積320万平方フィートを誇るLVCCでは、3000近い企業がブースを置いて最新の製品とテクノロジーを展示、300前後のカンファレンスが行われ、800人のキーマンによる講演が行われる。

その年の家電やIT業界の方向性を占ううえで大注目のトレードショーと言えるのだ。ITライフハックでもCES期間中、関連記事を掲載してきたのでまとめてみた。

情報家電のこれからを予想! 2013年に開催される大規模イベントまとめ
IT業界の2013年動向を見る 2013年International CES関連記事まとめ2013年はどんな年になるのだろうか? 2012年末からの円安はどこまで行くのか? 政権交代後の日本の政治など、様々な分野で今年は目が離せない年になりそうだ。そんな中でもデジタル関連製品の今後は、ある程度の予測はできる。なぜなら大きなイベントに合わせて何らかの情報が出てくることが多いためだ。そこで今年開催されるPCやスマートフォン、TV、デジタルカメラなど様々な製品の動きが予想できそうな情報が出される大きなイベントをまとめてみた。

ゲームを変えるか? NVIDIAのProject SHIELDがお披露目
IT業界の2013年動向を見る 2013年International CES関連記事まとめアメリカでは最大、世界的に見ても最大規模の家電関連の展示会CESが始まった。展示会が始まる2日前に毎回行われている公式イベント「CES Unveiled」が現地時間の1月6日に開催されたので参加してきた。この開催に合わせ、様々な情報が解禁される。この日の話題として筆者的に最も注目したのがNVIDIAが展開するProject SHIELDだろう。同日に発表したスマートフォンやタブレット向けのCPU「Tegra 4」を搭載する同社初のポータブルゲーム機だ。

4Kが本格化の兆し 東芝が1インチ1万円以下で4Kテレビを展開~CES 2013 ~
IT業界の2013年動向を見る 2013年International CES関連記事まとめCES 2013では、スマートテレビの進化など、いくつかの話題がある。さらにテレビ関連の話題としては4K対応が本格化することがわかってきた。東芝が行った日本市場向けの説明会では、4KテレビをフルHDの上位版として3モデルで展開して行くことが発表された。他社も4Kテレビを発表する模様で、4K対応の各種ソリューションなどにも注目だ。

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。