ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

XperiaZLにはLTEモデル(C6503/C6506)と3G HSPA+モデル(C6502/L35h)が存在

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony MobileがCES 2013で発表したXperiaスマートフォン「Xperia ZL」のホワイトペーパーを同社の公式サイトで公開しました。ホワイトペーパーからは、製品ページには掲載されていない仕様情報を確認することができます。Xperia ZLのホワイトペーパーは3モデル用が公開されています。LTE対応モデル「C6503」と「C6506」、LTE非対応の3Gモデル「C6502」。主な違いは対応する通信方式と周波数です。 Xperia Z LTE C6503GSM:850/900/1800/1900MHzWCDMA:850/900/2100MHz、下り最大42Mbps/上り最大5.7MbpsLTE:800(Band 20)/850(Band 5)/900(Band 8)/1800MHz(Band 3)/2100MHz(Band 1)/2600MHz(Band 7)、下り最大102Mbps/上り最大51Mbps Xperia Z LTE C6506GSM:850/900/1800/1900MHzWCDMA:850/900/1700(AWS)/1900/2100MHz、下り最大42Mbps/上り最大5.7MbpsLTE:700(Band 17)/850(Band 5)/1700(Band 4)/1900(Band 2)/2100MHz(Band 1)、下り最大102Mbps/上り最大51Mbps Xperia Z HSPA+ C6502/L35HGSM:850/900/1800/1900MHzWCDMA:850/900/1700(AWS)/1900/2100、下り最大42Mbps/上り最大5.7Mbpsホワイトペーパーからは上記のほか、内蔵ストレージ16GBのうち、5GBがファームウェア領域、残る11GBがユーザ領域として割り当てられていること、利用できるSIMカードはmicroSIM規格であること、バッテリー容量が2,370mAhであることも確認できます。Source : Sony Mobile



(juggly.cn)記事関連リンク
YouTube動画を繰り返し再生できるアプリ「Repeater for YouTube」が公開
京セラの米Sprint向けスマートフォン?「E6710」がFCCの認証を取得
漫画やスケッチ風の写真を撮影できるカメラアプリ「Paper Camera」の半額セールが週末限定で実施中

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP