ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“スクールアイドル”は『アイマス』を超えられるか アニメ『ラブライブ!』クロスレビュー[7.6/10点]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

2013冬アニメクロスレビュー『ラブライブ!』

秋葉原と神田と神保町という3つの街のはざまにある伝統校、音ノ木坂学院は統廃合の危機に瀕していた。学校の危機に、2年生の高坂穂乃果を中心とした9人の女子生徒が立ち上がる。
私たちの大好きな学校を守るために、私たちができること……。それは、アイドルになること!アイドルになって学校を世に広く宣伝し、入学者を増やそう!
ここから、彼女たちの「みんなで叶える物語(スクールアイドルプロジェクト)」が始まった!

原作/矢立肇
アニメーション制作/サンライズ
監督/京極尚彦
声優/新田恵海、南條愛乃、内田彩ほか
1月6日よりスタート
TOKYO MX 毎週日曜日 22時00分~
公式サイト:http://www.lovelive-anime.jp/[リンク]

『ガジェット通信』冬アニメクロスレビュー 記事一覧はこちら

総合得点 平均

7.6/10点(レビュアー 5名)

アニ二郎探検隊 のレビュー

演出 7
脚本 7
作画 7
OP/ED 9
かわいこちゃんが歌って踊る度 10
-----
総合 8

主人公の通う学校が自分たちの代で廃校の憂き目に!入学希望者が増えれば廃校は免れるかもしれない、さぁどうする!……というのがストーリー。まぁ、こういう主人公がアイドルをはじめるきっかけなど良いのですよ!
このアニメの見所はまず次週以降ですね。1話のラストで突然ミュージカル風に歌い出したようにアイドル活動とともに出てくるだろう数々の楽曲に注目です。かなりのいい曲が聞けるんだろうなと楽しみにしておりますよ!

鬼嶋 ピロ のレビュー

演出 9
脚本 8
作画 9
OP / ED 9 
俺多分ラブライバーになるだろうな度 10 
-----
総合 9

前評判は高いし、話題作のラブライブ! ……うむ、これは良いなwwwww
OPのライブパートのCGからしてクッソ動くし可愛いなwwwCGアニメって基本的に可愛いと思ったこと無かったんですけどこれはヤバイな、技術の進歩は素晴らしいww
キャラが多いからまだまだ覚えられねーけど妄想弓道部と金髪生徒会長が好みです、ええwww
俺のようにアイマスとかアイカツとか好きな層は好きになるんじゃないかと思う感じですねwしかし、スクールアイドルってのは現実でもどっかがやり始めそうな気がするわw発想が天才だww
キャラは表情も良くて超可愛いし、作画スタッフさんマジ最後まで頑張って下さいwwEDが特殊EDなのかもだけど思わず笑っちゃうくらいには良かったwww今期期待作www

ジョージ・レックのレビュー

演出 5
脚本 6
作画 7
OP/ED 5
CGになるとテンション下がる度 4
-----
総合:5

主人公たちは自分たちの通う「音の木坂学院」を廃校の危機から救うべく巷で流行している「アイドル活動」で入学希望者を集めようというストーリー。邦楽業界だけじゃなく、アニメ業界も本格的にアイドル戦国時代に突入だよ。女の子たちのキャラクターデザインは西田亜沙子。最近で言えば「電波女と青春男」も担当した人だよ。登場する女の子たちはとても可愛らしいが、特にコレといった印象の強さがない。バリエーションが少ないんじゃないかな。あともうちょっと色気出してもいい気がするし、学院の制服もコスプレするにはインパクト不足。歌もそこまで。これじゃ廃校もまぬがれないし、アイマスは倒せないよ。
漫画やボイスドラマ、電撃G’smagazineでの誌上展開など「原作」にあたるものが存在するが、シリーズ構成に「改変の鬼」花田十輝を配置している点を考えると、アニメはまた違った展開を見せてくれそうな予感がするよ。話のテンポもいいので劇中歌が良ければ化けるとは思うが、はたして。

srbn のレビュー

演出 8
脚本 7
作画 8
OP/ED 7
キャラの魅力 7
-----
総合 8

TARITARI、ガールズアンドパンツァーに続く第三の廃校、アニメ界空前の廃校ブーム到来!それはさておき、アニメ化前から徐々に人気が上昇しつつあったラブライブ。おもしろそうだしそろそろ手を出すかーと思ったところでアニメ化されたので、ちょうどいい機会だし観ます。ダンスパートでアニメとCGを織り交ぜて使うパターンはプリリズ、アイカツとも違う感じなのでどこまで違和感を減らせるかがポイントかなあ。海未ちゃんがただの優等生キャラかと思ったら、弓道のとこの妄想シーンのとこがすごくかわいかったのでよかったです。原作があるようでないような不思議な作品なので楽しみにしています。

渋市 飛鳥のレビュー

演出 8
脚本 8
作画 9
OP / ED 10 
キャラクター 5 
-----
総合 8

感動したのが、OP。3Dモデルとアニメをうまい具合に合わせて作られていて、何回見ても楽しめます。スクールアイドルという設定や、作画・脚本・演出、どれもかなり良いのですが、キャラクターの行動理念というか、気持ちに筋が通ってない感じがするところだけが残念。
「アイドルになる!」というのはとても勇気がいる事だし、「スクールアイドルで学校の復興を!」というのは本当に努力が必要なことだと思うのですが、全体的に軽い気がします。これから先、主人公たちがどのような困難を乗り越え、成長していくのか、楽しみです。

レビュアープロフィール

アニ二郎探検隊

アニメの流通も手がける某企業に勤務する元イベント屋の30代

鬼嶋 ピロ

業界の隙間でぬるっとなんやかんやしてるアニヲタDQNですw

ジョージ・レック

古いアニメから最新のアニメまで広く浅く監視中。ロボット・能力バトル・恋愛・日常…なんでも食う系男子。好きなアニメは「聖闘士星矢」「輪るピングドラム」「ぱにぽにだっしゅ!」

srbn

OPやEDに弾幕が流れるようなアニメをよく観ていますよ。

渋市 飛鳥

作監や脚本よりまずは声優をチェックします。好きな声優が演じているアニメは地雷でも必ず最後まで視聴。スタジオの名前が書いてあっても出待ちはダメだぞ!

ガジェット通信の記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP