体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

やつれた阿部寛を原作者が絶賛

 大人の男女の恋愛を描き続ける直木賞作家・井上荒野(「潤一」「切羽へ」)の同名原作を、恋愛映画に定評のある行定勳監督(『GO』『世界の中心で、愛をさけぶ』『春の雪』)が映画化した『つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語』。1月26日の公開に先駆けて、8日には完成会見が行われ、主演の阿部寛と、共演の小泉今日子、野波麻帆、風吹ジュン、忽那汐里、そして行定監督と原作者の井上荒野が登壇した。 

――まずは、ご挨拶を。

阿部:全ての作品に僕は関わっている訳ではなくて、ある種、客観的に見れる所がたくさんあったんですけど、皆さん、女優さん方が思い切り芝居をしていることに驚きました。台本をはるかに凌ぐような女性像を皆さん演じていることに感銘したし、作品自体ちょっと重い作品のように思われるかもしれませんが、ここまでやると笑えるんだなという。コメディではないですが、不思議な極上の笑いのある作品だと思います。

小泉:この映画、私は本当に数日間の撮影で自分のパートを終えたんですけど、完成した作品を観て、大人の恋愛のアンサンブルといいますか、こういう作品ってあまり日本映画には無いんじゃないかなと思って。映画を観てる時にどこかヨーロッパとか別の国の映画を観てるようで、とても面白かったです。音楽もとても素敵で、印象に残っています。そして、もちろん阿部さん、他の女優さん方のお芝居も迫力があって、是非色んな世代の方に観て頂きたい映画だなと思いました。

野波:素敵な女優さん方と阿部さんと絡みがあればいいなと思ったんですけど、なかなかみんなパートに分かれているので、私は皆さんと共演することができなかったのですが、フランス映画のような、なかなか日本映画には無いような作品に仕上がっていて、男女の面白さと言うか、可愛さ、可笑しさがすごく詰まっていて、素敵な大人の映画になってると思います。公開もうすぐ26日なのですが、すごく楽しみです。

風吹:私も映画が大好きで、この映画を観て、映画の楽しみって、いつもと違う役者さんの顔が見られることだと思いますが、阿部寛さんの痩せ方、素晴らしい絞り方で、それがいつもと違うなと。客観的に見れるという意味では、最初に小泉さんが私はとても面白くて、小気味良くて、気持ちよかったですよね。出演していながら、こんなに楽しめる作品はなかなか無いのかなと、別の楽しみ方をしました。皆さんも色んな感想を持たれると思いますが、是非楽しみにして下さい。

忽那:私はとにかく大先輩の俳優さん、女優さんと同じ作品に携わらせて頂くことがとても嬉しかったです。私は一番年下の役で、一番年下の目線での麻千子の愛の形を演じさせて頂きましたが、様々な世代の男女の愛の形とか描写がとても印象的な作品でした。

井上:私は原作者としてこの作品をとても良いものを作って頂いたと思っているんですね。私が小説でやりたかったことをキッチリ描いて下さっている。でも、その一方で、すごく映画として小説に挑戦している部分があって、そこがすごく効いているんですね。ですので、その辺を見付けて頂ければなと思います。もう一つは、最後のクレイジーケンバンドの音楽で「ま、いいや -MA IIYA-」というのが流れるんですけど、恋愛劇で、私は恋愛というのはもうこの世の仕方のないことの筆頭にあると思っているんですけど、この沢山の群像劇に出てくる女優さん達がみんなそれぞれの場面でフッと仕方無いやという顔をするんですよね。その辺もちょっと観て頂ければなと思ってます。

行定:こういう映画ってなかなか今、作りにくい映画の筆頭に上がるというか、荒野さんの原作は素晴らしいものなんですけど、人間の関係も曖昧、曖昧なものってなかなか形に出来ないものですよね。我々は分かり易さに飼い馴らされている感じがするのですが、それぞれが考える映画になった気がします。愛の形ってそれぞれが観て、多分観た観客がそれぞれ違う形でご覧になると思うんですね、この映画を観て。自分の目の前にある愛って、どういうものなのだろうかともう一度考える切っ掛けになるような映画にもなっていると思います。この映画を成立させるのには欠かせなかったこの豪華キャスト陣というのは絶対に必要だったんですね。心から望んだ人達が集まって頂けたというのは非常に僕にとってもすごく大きな経験にもなりましたし、感謝してます。観客にも隅から隅まで豪華キャストで攻め込んでますので、是非とも楽しんで頂ければと思います。

――阿部さんは豪華女優陣と並んでみて今、どんな思いですか?

1 2 3次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。