ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

やつれた阿部寛を原作者が絶賛

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 大人の男女の恋愛を描き続ける直木賞作家・井上荒野(「潤一」「切羽へ」)の同名原作を、恋愛映画に定評のある行定勳監督(『GO』『世界の中心で、愛をさけぶ』『春の雪』)が映画化した『つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語』。1月26日の公開に先駆けて、8日には完成会見が行われ、主演の阿部寛と、共演の小泉今日子、野波麻帆、風吹ジュン、忽那汐里、そして行定監督と原作者の井上荒野が登壇した。 

――まずは、ご挨拶を。

阿部:全ての作品に僕は関わっている訳ではなくて、ある種、客観的に見れる所がたくさんあったんですけど、皆さん、女優さん方が思い切り芝居をしていることに驚きました。台本をはるかに凌ぐような女性像を皆さん演じていることに感銘したし、作品自体ちょっと重い作品のように思われるかもしれませんが、ここまでやると笑えるんだなという。コメディではないですが、不思議な極上の笑いのある作品だと思います。

小泉:この映画、私は本当に数日間の撮影で自分のパートを終えたんですけど、完成した作品を観て、大人の恋愛のアンサンブルといいますか、こういう作品ってあまり日本映画には無いんじゃないかなと思って。映画を観てる時にどこかヨーロッパとか別の国の映画を観てるようで、とても面白かったです。音楽もとても素敵で、印象に残っています。そして、もちろん阿部さん、他の女優さん方のお芝居も迫力があって、是非色んな世代の方に観て頂きたい映画だなと思いました。

野波:素敵な女優さん方と阿部さんと絡みがあればいいなと思ったんですけど、なかなかみんなパートに分かれているので、私は皆さんと共演することができなかったのですが、フランス映画のような、なかなか日本映画には無いような作品に仕上がっていて、男女の面白さと言うか、可愛さ、可笑しさがすごく詰まっていて、素敵な大人の映画になってると思います。公開もうすぐ26日なのですが、すごく楽しみです。

風吹:私も映画が大好きで、この映画を観て、映画の楽しみって、いつもと違う役者さんの顔が見られることだと思いますが、阿部寛さんの痩せ方、素晴らしい絞り方で、それがいつもと違うなと。客観的に見れるという意味では、最初に小泉さんが私はとても面白くて、小気味良くて、気持ちよかったですよね。出演していながら、こんなに楽しめる作品はなかなか無いのかなと、別の楽しみ方をしました。皆さんも色んな感想を持たれると思いますが、是非楽しみにして下さい。

忽那:私はとにかく大先輩の俳優さん、女優さんと同じ作品に携わらせて頂くことがとても嬉しかったです。私は一番年下の役で、一番年下の目線での麻千子の愛の形を演じさせて頂きましたが、様々な世代の男女の愛の形とか描写がとても印象的な作品でした。

井上:私は原作者としてこの作品をとても良いものを作って頂いたと思っているんですね。私が小説でやりたかったことをキッチリ描いて下さっている。でも、その一方で、すごく映画として小説に挑戦している部分があって、そこがすごく効いているんですね。ですので、その辺を見付けて頂ければなと思います。もう一つは、最後のクレイジーケンバンドの音楽で「ま、いいや -MA IIYA-」というのが流れるんですけど、恋愛劇で、私は恋愛というのはもうこの世の仕方のないことの筆頭にあると思っているんですけど、この沢山の群像劇に出てくる女優さん達がみんなそれぞれの場面でフッと仕方無いやという顔をするんですよね。その辺もちょっと観て頂ければなと思ってます。

行定:こういう映画ってなかなか今、作りにくい映画の筆頭に上がるというか、荒野さんの原作は素晴らしいものなんですけど、人間の関係も曖昧、曖昧なものってなかなか形に出来ないものですよね。我々は分かり易さに飼い馴らされている感じがするのですが、それぞれが考える映画になった気がします。愛の形ってそれぞれが観て、多分観た観客がそれぞれ違う形でご覧になると思うんですね、この映画を観て。自分の目の前にある愛って、どういうものなのだろうかともう一度考える切っ掛けになるような映画にもなっていると思います。この映画を成立させるのには欠かせなかったこの豪華キャスト陣というのは絶対に必要だったんですね。心から望んだ人達が集まって頂けたというのは非常に僕にとってもすごく大きな経験にもなりましたし、感謝してます。観客にも隅から隅まで豪華キャストで攻め込んでますので、是非とも楽しんで頂ければと思います。

――阿部さんは豪華女優陣と並んでみて今、どんな思いですか?

阿部:嬉しいですね。僕一人が俳優、この作品に出た訳じゃなくて、他にも岸谷さんとか羽場さんとかいらっしゃるんですけど、今日はなぜか僕一人で来ました。このポスターを見ると僕一人ですべての女優さんに絡んでいるように、ベッドシーンがあるように誤解されるんですけど、そうではないんです(笑)。実際、一緒の撮影が無い方もいらっしゃいましたけど、女の人のあまり人に見られちゃいけないような姿とか、そこまでこの作品の中に凝縮されている。それはここにいらっしゃる女優さん達が惜しげも無く思い切りやっている。それが爽快な感じまで受けました。本当に楽しかったです。

行定:撮影している時も非常に勉強になったんですね。如何に俺が女のことを分かってないかということをすごく感じました(笑)。僕は男性な訳で、この女性達の心理というか、精神性みたいなものは、あと表情というのは、ほとんど女優さん達に任せたと思っています。受け止める形で撮影に臨んだんですね。女優をやっている方達というのはすごく女性というものを、自分ではないんですけど、非常にちゃんと持ち得ているというか、勝ち取れているなと思ったし、怖い部分も美しい部分も見ました。すごく感じたことは風吹さんや大竹さんも僕より年代が上の方達の方が愛に対しての感情の持ち方がちょっとウェットに感じるんですね。若くなっていく方がドライに感じたりもする。それは演じる上でそうなっているんですけど、そういう所がすごく面白くて、可能性というか、愛というのは曖昧なだけに表現する可能性というのはまだこれからもっとあるんだなと気付かされたし、すごく面白かったですね。

――演じた女性に対して共感できた所は?

小泉:私はこの『つやのよる』で、つやの最初の男の妻の役で、素敵な小説家の夫がいて、そこそこ豊かな生活をしていて、今までそんなに感情をムキ出しにしないでも生きてこれた女のような気がするんですね、私が演じた環希という人は。でも、それが松生からの一本の電話で、つやの存在を知り、それが水面に小石を投げたように波紋が広がって、つやに嫉妬してみたり、実際に今現在の夫の愛人と闘ってみたり、初めて生まれた感情を見せる女という感じなんですけど。環希というのは男の人がいて、その人を愛することで生きている人なので、すごく爪の先まで女が詰まっている人のような気がしました。それは私は学ばなくちゃいけないことで、ちょっと私は女が行き届いていないので、仕事ばかり楽しんでいるという所があるので、共通点はあまり見付かりませんでしたが、憧れであり、今後の人生の目標にしたいと思います。

野波:私はつやの最初の別れた夫を好きになる湊という役をやらせて頂いたんですけど、湊は一見、渡辺いっけいさんと不倫をしていたり、同僚の男の子や、岸谷五朗さん演じる方ともすぐ関係を持ったりするので、意外と奔放で今の自由な女の子の感じがするのですが、本当は本来の愛を求めていて、ちゃんと自分と向き合える人をずっと探していて、結局最後は岸谷さんのことを、ちょっと変な人なんですけど、男の人として可愛いなと思えるような所がある、自分と向き合える人を見付けるという所はすごく共感できる所で、私も湊だったら絶対に岸谷さん演じる太田のことを好きになるなと思ったので、私は湊を好きだなと思いながら演じてました。

風吹:ごく普通の真面目に生きている主婦であり、母であり、女性が夫の謎の自殺でなくなった場所を毎週訪ねて、その向こうに繋がっている大島も見えない状態で、とても悩んで苦しんでいる所から私のストーリーが始まるんですけど、メールを通して大島に訪ねて行くことになるんですけど、答えを出していくという意味では、女性の本当の強さが見えてくる、怖い現実を受け止めようとする、パンドラの箱を開けてしまうような、怖い所に出向くのですが、不思議な阿部さん演じる男と出会い、いっぱい謎を持ちながら不思議な世界に入っていくんですけど、何が楽しかったって、阿部さんと自転車に乗れるなんて夢にも思ってませんでした(笑)。スゴイんですよね、ママチャリ、小さな自転車をこんな大きな体の人が乗るのか?という(笑)。それも立ち漕ぎで長い坂道をとても大変だったろうなと思うんです。ありがとうございました。とても良い経験になりました。その経験の末に、答えが色々、聞きたくないこと、見たくないものを見てしまい、それを多分,彼女は克服して生きていくのだろうなという。皆さんのストーリーの中では割と話がクリアに見えてくる立場だったので、私は演じることに関してはそんなに悩むことも無く、演じることができました。書かれてない分、見えてないことがあるかもしれませんが、海辺にずっと立っている女です。

忽那:私はつやのために父親から捨てられた娘を演じました。この作品自体、年齢が上の男女の愛が描かれていることが多かったので、私自身計り知れない、分かり得ない部分がとても多くて、それは実際に麻千子も母の気持ちが分からないからこそ、無茶な行動ではあったですけど、彼女にとっては正論だったのかなと思って。実際に父親に会って、彼女の回では結構話が進行していくのですが、阿部さんとお会いするのも確かその日が初めてで、実際に父親に初めて会うシーンで結構、自分の中では緊迫していたんですけど、あそこの複雑な感情は共感とは異なるかもしれないですけど、こういう感覚は不思議だなというのを感じることができました。

――このキャストだからこそ、映像から肉付けされたと感じたことは?

井上:まず、自分の書いたものが立体的になって動いている驚きはありますよね。一番重要な、中心になる男である松生が阿部寛さんだと伺った時にビックリして、誰なんだろうな?という漠然とした感じはあったのですが、阿部さんは私にとってすごく素敵な格好良い、スマートな方で、コミカルなドラマでもよく出てらっしゃるので、ビックリした所があって。実際におやりになっている所を見たら、ビックリしたという所が全部裏返って良い感じになってたんですね。哀し過ぎて逆にコミカルになってしまう所とか、格好良い人がやつれた時にものすごい凄味が出るとか、阿部さんに関してはそう思って、素晴らしく演じて下さったと思います。それぞれの女優さんも私なんかが言うことではないぐらい、これ難しいと思うんですよね、それぞれ、今皆さんのお話を伺ってても完全には共感できない人間だと思うんですけど、共感できないということを含めて役としてやって下さったような気がします。とてもそれぞれに見応えのある演技だったと思います。

――最後に、この作品をどんな方に、どういう風に感じてもらいたいですか?

阿部:多くの方に観て欲しいと思います。色んなタイプの女性がいて、内面が浮き彫りになってますから、これは自分に近いかもしれないとか、これは分からないとか、色んなことが頭の中に巡ると思うんです。そういうのを楽しみながら、お茶飲みながらでも良いから、観終わった後に話せるような映画だと思いますし、多くの方に観てもらって、日本にあまり無いようなこの映画を味わってもらいたいと思います。

小泉:一人でも多くの方にですかね。私は愛についてよく分からないですみませんなんですけど、もちろん考えたりはしてましたが、もしかしたら監督とか俳優になりたい若者が観ても色々気付ことがいっぱいあるかなという気もしました。

野波:沢山の男女の方に観て頂きたくて、長年連れ添ったご夫婦が観てもまた面白い会話がその後に出来るんじゃないかなと思いますし、それぞれの愛の形を皆さんで2013年始まったばかりですが考えて頂けたらなと思います。

風吹:僕が、私が、大人だと思う方には是非観て頂きたいと思います。色々な感想があると思うので、とても楽しめると思います。

忽那:沢山の方に観て頂きたいと思いますが、沢山の登場人物が出て来るので、感覚的に同じものを得られるとか、照らし合わせて頂けたら面白いんじゃないかなと思います。

井上:もちろん色んな方に、沢山の方に出来るだけ観て頂きたい。女の人にはもちろん観て頂きたいんですけど、男の人も積極的に観てもらったら面白いんじゃないかなと思いました。夫婦とかカップルとか男女で観て終わってから色々話して、ちょっと揉めたりしても面白いんじゃないかなと思いました。

行定:試写会の傾向を見てると、観終わった後にロビーでずっと話してる人達がいるという。普段だったらバラバラと帰っちゃうんだけど、話しちゃうような映画だと思うんですね。聞くと、男の固まりと女の固まりで喋ってるんですね。そういう観方をしてるのが一番美しいんじゃないかと。男女で言って頂いても良いんですけど、ちょっと気マズい感じもあると思うんですけど(笑)、男、女、それで話し合った結果、男女で観に行くというのが僕の理想なんですね。あと、若い監督の方には是非観て欲しいと思ってます。僕も若い頃に名作と呼ばれる恋愛映画を沢山観てきたんですね。その時に、分からないものなんですよ、映画を観て、まだ大人じゃないから。いつの間にか記憶が自分の成長していく中で分かる瞬間があるんですね。そういう経験が出来るのは若い時しかないので、若い人には是非、分からない部分もあるということは前提で観て欲しいなと。分からないことがいけないことでも何でもなくて、そういう経験をして頂けたら作った者冥利に尽きるなと思います。

『つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語』特集ページ

(http://news.livedoor.com/article/detail/7302902/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

カテゴリー : エンタメ タグ :
livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP