ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Pay money To my PainのヴォーカルK、年末に急性心不全のため死去

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

Pay money To my Painのヴォーカリストとして活動していたKが、2012年12月30日朝に横浜市内の自宅で急性心不全のため亡くなったことが、バンドのオフィシャルサイトにて発表された。享年31歳。

昨年10月に精神的な疾患による体調不良が原因でツアーをキャンセルし、一時的に活動を休止して治療に専念していたK。その後は病気を克服してふたたびステージに立つためにリハビリを続けていたという。12月27日にはメンバー4人で集まって今後の活動プランについて話し合う予定だったが、Kが急遽体調を崩したこともあって断念。年明けに改めて機会を設けることになり、29日にはKからメンバー全員に「年明けにみんなで会おう」というメールが届いたが、残念ながらそれが彼からの最後のメールになってしまったとのことだ。オフィシャルサイトにはメンバーそれぞれのメッセージが日本語と英語で掲載されている。

葬儀は遺族の意向により近親者のみで執り行われ、それとは別にファンとのお別れ会も実施予定。また、新しいアルバムの制作のためにKの歌を録り終えていた楽曲があり、今後何らかの形で発表する計画だという。謹んで故人のご冥福をお祈りいたします。

カテゴリー : エンタメ タグ :
タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。