ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマホがタブレットに合体! ASUSのユニークなスマフォブレット「PadFone 2」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ASUSことASUSTeK Computer Inc.は、10.1インチのタブレットに早変わりする4.7インチのスマートフォン「PadFone 2」を日本向けに発売することを発表した。「PadFone 2」は、SIMフリーで販売され特定のキャリアからの販売は、現在のところないようだ。

この製品のユニークなところは、ドッキングステーションが用意されており、そのステーションにスマホ本体を装着すると10.1インチのタブレットに早変わりするのだ。搭載するプロセッサーはクアッドコアの「Qualcomm Snapdragon S4 Pro」(1.5GHz)と、OSは「Android 4.1.1」を搭載。Web閲覧、アプリ、ゲームなどを快適に動かすことができる。本体だけでは、3G通信で最長約16時間の通話が可能で「PadFone 2 Station」にドッキングすると、バッテリー容量が約2.5倍に増える。発売は今週末の1月12日(土)より。

PadFone 2をPadFone 2 Stationにドッキング

10.1インチのタブレットに早変わり!

普段は「PadFone 2本体」をポケットに入れて自在に持ち歩き、ゆったり楽しみたいときは大画面の「PadFone 2 Station」を利用するといった、1つのコンテンツを2つのスタイルで楽しめる新しいモバイル体験が実感できる。

■製品概要
●製品名:PadFone 2
●発売予定日:2013年1月12日(土)
●希望小売価格:79,800円(税込)

●主な仕様
・型番:90AT0021-M02330
・カラー:ブラック
・OS:Android 4.1.1
・CPU(PadFone 2本体):Qualcomm Snapdragon S4 Pro APQ8064(1.5GHzクアッドコア)
・メインメモリー(PadFone 2本体):2GB

・液晶ディスプレイ:
PadFone 2本体:4.7型ワイドTFTタッチスクリーンSuper IPS+液晶(LEDバックライト)
PadFone 2 Station:10.1型ワイドTFTタッチスクリーンIPS液晶(LEDバックライト)

・表示解像度:
PadFone 2本体:1280×720ドット
PadFone 2 Station:1280×800ドット(WXGA)

・eMMC(PadFone 2本体):64GB
・Webストレージ:ASUS WebStorageサービス(50GB/24ヶ月無料体験版)
・無線LAN(PadFone 2本体):IEEE802.11a/b/g/n、Wi-Fi Direct
・Bluetooth機能(PadFone 2本体):Bluetooth 4.0
・通信方式(PadFone 2本体):W-CDMA(DC-HSDPA/900/2100MHz)

・センサー(PadFone 2本体):GPS(A-GPS&GLONASSサポート)、近接センサー、電子コンパス、光センサー、加速度センサー、ジャイロスコープ

・インターフェイス:
PadFone 2本体:microSIMスロット×1、13ピンドッキングポート×1、マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1
PadFone 2 Station:13ピンドッキングポート×1

・Webカメラ:
PadFone 2本体アウトカメラ:1300万画素
PadFone 2本体インカメラ:120万画素
PadFone 2 Station インカメラ:100万画素

・バッテリー駆動時間(PadFone 2本体):
連続待受時間(3G):最長約336時間
連続通話時間(3G):最長約16時間
インターネット時間:最長約13時間
ビデオ再生時間:最長約9時間

・バッテリー駆動時間(PadFone 2本体+PadFone 2 Station):
連続待受時間(3G):最長約800時間
連続通話時間(3G):最長約36時間
インターネット時間:最長約7時間
ビデオ再生時間:最長約7時間

・本体サイズ:
PadFone 2本体:68.9(幅)×137(奥行き)×9(高さ)mm
PadFone 2 Station:263(幅)×180.8(奥行き)×10.(高さ)4mm
・質量:
PadFone 2本体:約135g
PadFone 2 Station:約514g

PadFone 2
ASUS

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

外部サイト

東京の観光地や店舗情報が満載!「蜷川Tokyo Map」を体験
時代はスマートフォン! スマホ市場へのシフトが明確となったCES 2013【デジ通】
LINE製アンチウイルス登場 LINE公式のアンチウイルスアプリを使ってみた

(http://news.livedoor.com/article/detail/7302845/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP