ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

CES 2013:Rockchip、28nmプロセスを採用したクアッドコアプロセッサ「RK3188」を公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国の半導体メーカー Rockchipが同社の次世代モバイルプロセッサ「RK3188」を搭載したデモ機を現在米国で開催中のCES 2013で展示しているそうです。Rockchip RK3188はARM Cortex-A9を4つ搭載したクアッドコアのSoC。CPUの最大動作クロックは1.8~2.0GHz。GPUはクアッドコアのARM Mali-400が採用されています。現行のRK30XXでは40nmプロセスで製造されますが、RK3188では28nm HK/MGプロセスが採用されています。CPUコアの増加により処理性能が向上、プロセスの微細化になどより電力効率が向上し、低い消費電力で動作するとされています。性能面ではTegra 3よりも20~30%ほど高いとされています。RK3188のリリース時期については、今後2,3か月中に最初にRK3188を搭載した機器が市場で販売される見込みとのことです。Source : ARMDevices



(juggly.cn)記事関連リンク
KDDI、シャープ製タブレット「AQUOS PAD SHT21」のソフトウェアアップデートを開始、Bluetooth対応G-SHOCKとの連携が可能に
ASUS、専用ドックでタブレットにもなるAndroidスマートフォン「Padfone 2」(SIMロックフリー)を1月12日に国内発売
CES 2013:Samsung、Green LCDパネルとフレキシブルOLEDパネル”YOUM”の開発を発表、CES会場ではYOUM搭載スマートフォンが展示

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP