体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ソニー、CES 2013で5インチフルHD液晶搭載のフラッグシップスマホ「XperiaZ」および「XperiaZL」を発表!さっそく写真でレポート【山根康宏の“世界のモバイル”】


CES 2013で発表されたフラッグシップモデル「Xperia Z」
既報の通り、ソニーモバイルコミュニケーションズは8日、アメリカ・ラスベガスで2013年1月8日(火)から11日(金)まで開催している世界最大規模のコンシューマー向けエレクトロニクスショー「INTERNATIONAL CES(CES 2013)」にあわせて、会期開催前日の7日にプレス向け発表会を行い、フラッグシップスマートフォン「Xperia Z」「Xperia ZL」の2機種を発表した。

発表会にはソニー社長兼CEOの平井一夫氏が登壇。ソニー製品の特徴を、性能だけではなく高いデザイン性を持っている点も大きくアピールし、その集大成とも言える新製品を今回のCES 2013では多数発表すると語った。その新製品の中でも最もエキサイティングな製品と言えるのがXperiaスマートフォンのフラッグシップモデル、「Xperia Z」と「Xperia ZL」の2製品だ。

今回は、発表会に参加してきたので、さっそく製品レポートを含め、ソニーの2013年フラッグシップモデルであるXperia ZとXperia ZLを紹介していく。

sp02

プレス向け発表会の冒頭でXperia Zを発表する平井一夫社長兼CEO
Xperia Zは1.5GHzクアッドコアCPUを搭載。5インチフルHD、1920×1080ピクセルのディスプレイはMobile BRAVIA Engine 2を採用した「Reality Display」を採用したことで、コントラストと発色が非常に優れている。カメラは13メガピクセルで、積層型のCMOSセンサー「Exmor RS for mobile」を搭載、動画のHDR撮影にも対応している。

OSはAndroid 4.1で、4.2へのアップグレードも予定されている。 また通信方式はLTEへ対応、複数の周波数に対応し各国の通信事業者からハイスペックモデルとして発売される予定だ。さらに高性能なスペックを搭載しながら、日本でも評価されるIP55/PI57の防水防塵性能まで備えている。

sp03

Xperia Zはハイスペックなプレミアムスマートフォンと説明するソニー・エレクトロニクス社長兼COOのPhil Molyneux氏
そして、Xperia Zは性能だけではなくデザインにも大きな特徴を持っている。ボディーは表だけではなく裏面も強化ガラスで覆われたOmniBalanceデザインを採用、フラットかつ輝きのある高級感を表現している。

ホームボタンなどもソフトキーを採用しており、極力無駄な出っ張りなどを廃したスタイルとなっている。このデザインと質感のおかげで7.9mmの本体厚みもより薄く感じられるほどだ。

sp04

背面もガラスで覆われており強度と高級感の両方を実現させている
Xperia Zは3色のカラーバリエーションが用意されている。オーソドックスなブラック、ホワイトに加え、落ち着きのあるパープルカラーは従来のスマートフォンにはない斬新な色合いだ。カラー展開は一部の国ではブラックとホワイトだけの2色になる予定であるという。Xperia Zの発売時期は2013年第1四半期で、日本での発売も予定されている。

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。