体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

RAM RIDERやlivetuneのkzらが競演! タワー渋谷新装記念ライヴをレポ

 

 

タワーレコード渋谷店が昨年11月23日に全面リニューアル・オープンしたことを記念し、渋谷のライヴハウスで5日間連続で行ったイヴェント〈LIVE LIVEFUL! SHIBUYA 5DAYS!〉。ここでは、その3日目にあたる東京・渋谷WWWでの公演〈Starry Light〉の模様をレポートします!

 

fhána (photo by KA2@A.D.P…)

 

ジャンルに捉われない新しい音楽を生み出すアーティストが集結したこの企画。まずオープニング・アクトとして登場したのは、FLEETの佐藤純一、そらいろくらぶのyuxuki、LeggysaladのKevinによって結成され、そこに女性ヴォーカリストのtowanaが加わったユニット、fhána(ファナ)。ポスト・ロック的な生音使いとエレクトロニカ直系の電子音が融合した緻密なプロダクションで、早くも会場の空気を独特のカラーに染め上げます。MCでは、fhánaが人気ゲーム「CLANNAD」がきっかけとなって誕生したという結成秘話を披露。最後に、towanaのミューズのような歌声が伸びやかに響く“kotonoha breakedown”を演奏し、華々しくイヴェントのスタートを飾ってくれました!

 

fu_mou (photo by KA2@A.D.P…)

 

続いて本編のトップを切ったのは、DJとして参加したトラックメイカーのfu_mou。この日は、バトルDJさながらの超テクニカルかつド派手なスキルに、リアルタイムで加工していく自らのエモーショナルなヴォーカルを合わせたトリッキーなプレイを披露。フライング・ロータス以降のビート・シーンにも届くような先鋭的なトラックの上に彼のセンチメンタルな歌声が乗るスタイルは新鮮で、ダブステップからEDM譲りのアッパーなダンス・ミュージックまでを自在に行き交うミックスでフロアを完全にロック。思わず踊りだす人続出のパワフルかつ洗練されたパーティー・ミックスに身も心も痺れました!

 

mergrim (photo by KA2@A.D.P…)

 

次に現れたのは、光森貴久によるソロ・プロジェクト=mergrimに、打楽器奏者のkazuya matsumotoとVJのTaiyo Yamamotoが加わったトリオ。ドローンのレイヤーによる幻想的な立ち上がりから、“Beautiful Corruption”ではmergrimの操るビートとkazuya matsumotoの正確無比な生ドラム・プレイが拮抗し、徐々にグルーヴの熱が上昇します。そのまま超絶なドラム・プレイに突入した“Soft’n Poetry”でアグレッシヴに攻めたかと思えば、ゲスト・ヴォーカルにcokiyuを迎えた“Step Of The Flakes”では、一転してフォークトロニカにも通じるキュートなトラックと、彼女の透き通るような歌声がオーディエンスを優しく抱擁。シンメトリックなモチーフが次々と浮かんでは消えるTaiyo Yamamotoのミニマルな映像美も陶酔を誘います。mergrimの「ここからは踊れると思うんで」との言葉通り、電子音の粒子とノイジーなビートが縦横無尽に入り乱れる“qoooo”、マッシヴなキックの四つ打ちが延々とグルーヴを紡ぐかのような“noir noir”というラストの流れは圧巻でした。

 

kz (photo by KA2@A.D.P…)

1 2次のページ
タワーレコードの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会