ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

RAM RIDERやlivetuneのkzらが競演! タワー渋谷新装記念ライヴをレポ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

 

タワーレコード渋谷店が昨年11月23日に全面リニューアル・オープンしたことを記念し、渋谷のライヴハウスで5日間連続で行ったイヴェント〈LIVE LIVEFUL! SHIBUYA 5DAYS!〉。ここでは、その3日目にあたる東京・渋谷WWWでの公演〈Starry Light〉の模様をレポートします!

 


fhána (photo by KA2@A.D.P…)

 

ジャンルに捉われない新しい音楽を生み出すアーティストが集結したこの企画。まずオープニング・アクトとして登場したのは、FLEETの佐藤純一、そらいろくらぶのyuxuki、LeggysaladのKevinによって結成され、そこに女性ヴォーカリストのtowanaが加わったユニット、fhána(ファナ)。ポスト・ロック的な生音使いとエレクトロニカ直系の電子音が融合した緻密なプロダクションで、早くも会場の空気を独特のカラーに染め上げます。MCでは、fhánaが人気ゲーム「CLANNAD」がきっかけとなって誕生したという結成秘話を披露。最後に、towanaのミューズのような歌声が伸びやかに響く“kotonoha breakedown”を演奏し、華々しくイヴェントのスタートを飾ってくれました!

 


fu_mou (photo by KA2@A.D.P…)

 

続いて本編のトップを切ったのは、DJとして参加したトラックメイカーのfu_mou。この日は、バトルDJさながらの超テクニカルかつド派手なスキルに、リアルタイムで加工していく自らのエモーショナルなヴォーカルを合わせたトリッキーなプレイを披露。フライング・ロータス以降のビート・シーンにも届くような先鋭的なトラックの上に彼のセンチメンタルな歌声が乗るスタイルは新鮮で、ダブステップからEDM譲りのアッパーなダンス・ミュージックまでを自在に行き交うミックスでフロアを完全にロック。思わず踊りだす人続出のパワフルかつ洗練されたパーティー・ミックスに身も心も痺れました!

 


mergrim (photo by KA2@A.D.P…)

 

次に現れたのは、光森貴久によるソロ・プロジェクト=mergrimに、打楽器奏者のkazuya matsumotoとVJのTaiyo Yamamotoが加わったトリオ。ドローンのレイヤーによる幻想的な立ち上がりから、“Beautiful Corruption”ではmergrimの操るビートとkazuya matsumotoの正確無比な生ドラム・プレイが拮抗し、徐々にグルーヴの熱が上昇します。そのまま超絶なドラム・プレイに突入した“Soft’n Poetry”でアグレッシヴに攻めたかと思えば、ゲスト・ヴォーカルにcokiyuを迎えた“Step Of The Flakes”では、一転してフォークトロニカにも通じるキュートなトラックと、彼女の透き通るような歌声がオーディエンスを優しく抱擁。シンメトリックなモチーフが次々と浮かんでは消えるTaiyo Yamamotoのミニマルな映像美も陶酔を誘います。mergrimの「ここからは踊れると思うんで」との言葉通り、電子音の粒子とノイジーなビートが縦横無尽に入り乱れる“qoooo”、マッシヴなキックの四つ打ちが延々とグルーヴを紡ぐかのような“noir noir”というラストの流れは圧巻でした。

 


kz (photo by KA2@A.D.P…)

 

続いてお目見えしたのは、この日はDJセットでの参戦となったlivetuneのkzと、VJのGraphersRockによるパフォーマンス。パーカーのフードを目深に被ったkzがステージに現れるやいなや、オーディエンスのテンションが「待ってました!」とばかりに早くもスパークします。ポップかつサイバーパンク風なGraphersRockのアニメーションを背に、自身の楽曲を惜しげもなく投入したアッパー極まりないプレイで、フロアを狂乱の渦に巻き込むkz。ビシバシとキマるミキサー捌きもいちいちカッコいい! 最後は、ファンタジスタ歌磨呂によるPVが世界的に高い評価を集めた“Transfer”、そして〈Google Chrome〉のCMに起用されlivetuneの名を一躍轟かせるきかっけとなった人気曲“Tell Your World”という反則モノのミックスでシメ。30分あまりのセットで汗だくとなったお客さんの笑顔が印象的でした!

 


RAM RIDER (photo by KA2@A.D.P…)

 

そしてこの日のトリを飾ったのは、マニュピレーターやVJを擁するレアなバンド編成での登場となったRAM RIDER。お馴染みの特殊スーツを縁取る光のラインがフロアの暗闇に浮かび上がり、会場がスペーシーな空間へと変貌するなか、RAM RIDER流のエレクトロ・ポップが炸裂するシングル曲“SWEET DANCE”でスタートします。ライヴの音楽をRAM RIDERが手掛けているというバカリズムがスクリーンに現れて随所で楽曲をアナウンスをする演出も印象的で、“GALAXY”“No Continue”“GOOD BYE”“非実在ガール”といった最新アルバム『AUDIO GALAXY -RAM RIDER STRIKES BACK!!!-』のナンバーを中心に、視覚と聴覚を同時に刺激するパフォーマンスで観客を魅了。バカリズムによるメンバー紹介を挟んで、オーディエンスの熱気もピークに達した“Sun Light Stars”で本編は一旦終了します。

「終わりそうな雰囲気じゃないんでもう1曲」と、熱烈なアンコールに応えたRAM RIDERですが、汗のため(?)か特殊スーツで感電するというハンプニグも。とはいえ、最後はみんなが踊りまくった“HELLO”で〈Starry Light〉をきっちりと締めくくってくれました!

★TOWER RECORDS LIVE INFORMATIONはこちらから

 

〈LIVE LIVEFUL! SHIBUYA 5DAYS Starry Light〉@ 東京・渋谷WWW 2012.11.27 セットリスト
【fhána】(オープニング・アクト)
1. 二息歩行(fhána Quantum Remix)
2. 街は奏でる
3. 魔法のメロディ(fhána Magic World Line Remix)
4. Oval(Leggysalad Remix)
5. True End
6. kotonoha breakedown

【fu_mou】
(DJセット)
1. Prelude 2012
2. with open arms, open eyes
3. someday in the rain
4. kiss me(kill me’n bass rmx)
5. defloud dubstep
6. Abyssal Drop

【mergrim × Kazuya Matsumoto × Taiyo Yamamoto】
1. Beautiful Corruption
2. Soft’n Poetry
3. Step Of The Flakes(ゲスト・ヴォーカル:cokiyu)
4. sorrowtight mirror
5. qoooo
6. noir noir

【kz(livetune) × GraphersRock】
(DJセット)

【RAM RIDER】
1. SWEET DANCE
2. GALAXY
3. ファストラブ
4. No Conitune
5. GOOD BYE
6. 非実在ガール
7. Sun Light Stars
〈アンコール〉
1. HELLO

カテゴリー : エンタメ タグ :
タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP