ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

CES 2013:パナソニック、Toughpadブランドの7インチAndroidタブレット『JT-B1』を公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫


パナソニックが現在米国・ラスベガスで開催中の『CES 2013』において、『Toughpad』ブランドの7インチAndroidタブレット『JT-B1』を展示しているそうです。同社は2011年11月に7インチタブレット『Toughpad B1』を発表しましたが、これまでのところ発売されていないようなので、今回の『JT-B1』はその7インチタブレットのことだと思われます。

『JT-B1』は、7インチ1024×600ピクセルのIPS液晶、TI OMAP 4 1.5GHzデュアルコアプロセッサを搭載したAndroid 4.0タブレット。昨年より発売中の10.1インチタブレット『Toughpad FZ-A1』の小型モデルで、『Toughbook』パソコンと同レベルの耐久性・防水性・防塵性、企業レベルのセキュリティ・デバイス管理機能を備えます。

本体は側面にはラバー素材のバンパーが取り付けられており、胸の位置から落としても壊れない頑丈な作りとなっています。背面には落とさないように手を固定するベルトが付いています。前面には動作を変更できるファンクションボタンが3コ付いています。公開されたスペックとしては上記のほか、1GB RAM、16GBストレージ、microSDカードスロット、背面に500万画素カメラ、前面に150万画素カメラを搭載し、Wi-Fi a/b/g/n(nは2.4GHz/5GHz対応)、Bluetooth v4.0、NFCに対応。オプションで3G通信機能への対応も可能とのことです。バッテリーは交換可能で、標準バッテリーでは8時間の連続使用が可能とされています。質量は1.2ポンド(約544g)。
Source : Engadget



(juggly.cn)記事関連リンク
NHN Japan、Android向けに無料のウイルス対策アプリ「LINE アンチウイルス」を提供開始
イーバランス、ワンセグチューナー内蔵の7インチAndroid 4.0タブレットを発売、価格は12,800円前後
CyanogenMod 10.1 Nightlyビルドの日本語対応が改善、ナビゲーションバーのカスタマイズにも対応

juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP