ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

山下智久、パスピエ提供の新曲“怪・セラ・セラ”がドラマ〈心療中〉主題歌に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 


パスピエ

 

山下智久の新曲“怪・セラ・セラ”が、日本テレビ系で1月12日にスタートする稲垣吾郎主演の新ドラマ「心療中-in the Room-」の主題歌に決定した。

「心療中-in the Room-」は、稲垣が演じる精神分析医の天間了がスクール・カウンセラーを勤める学園を舞台に、カウンセリング・ルームを訪れる生徒や教師のさまざまな悩みを解決するというストーリー。酒井美紀や浅野ゆう子といったヴェテラン女優をはじめ、Kis-My-Ft2の千賀健永やジャニーズJr.の高田翔と田中樹、noon boyzの真田佑馬と野澤祐樹らジャニーズ勢が脇を固める。

そんなドラマの主題歌としてオンエアされる“怪・セラ・セラ”は、2012年にメジャー・デビューを果たした実力派若手バンドのパスピエが楽曲を提供したもの。山Pの男の色気に満ちた歌声と、パスピエの成田ハネダならではの妖艶なメロディー、大胡田なつきの摩訶不思議な歌詞の世界観が絡み合うナンバーに仕上がっている。いまのところCDでのリリースは未定なので、気になる人はぜひドラマをチェックしよう!

カテゴリー : エンタメ タグ :
タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP