体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

荻野目慶子とのバトルで筋肉痛

 大人の男女の恋愛を描き続ける直木賞作家・井上荒野(「潤一」「切羽へ」)の同名原作を、恋愛映画に定評のある行貞勳監督(『GO』『世界の中心で、愛をさけぶ』『春の雪』)が映画化した『つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語』。1月26日の公開に先駆けて、8日は舞台挨拶が行われ、主演の阿部寛と、体調不良で欠席した真木よう子を除く共演の女優陣、小泉今日子、野波麻帆、風吹ジュン、忽那汐里、大竹しのぶと行貞監督が登壇した。

――まずは一言ずつ、ご挨拶を。

阿部:すいません。なんか、すごく体が大きくて。男の役者さんは他にも出てるんですけど、僕一人がこんな贅沢な、豪華な。この映画は本当にここにいらっしゃる女優さん達の魅力が満載です。僕はこの女優さん達の魅力を引き出す、ある種のナビゲーターというか、毒をまく訳ですけどね。それぞれの家庭に、色んな波紋を贈っていくという役を今回やらせてもらいました。

小泉:私はこの映画の中で“愛を闘う女”環希という役をやらせてもらいました。愛を闘ったことが自分の経験の中であるような気はしますけど、勝ったことがないような気がしますので、この映画の中ではちょっとスカッとした気持ちを味合わせて頂けました。

野波:この映画は男女の可愛さだったり、可笑しさが沢山詰まってます。男性のちょっとどうしようもないなという所も可愛いなと思えるのが女性の器の大きさだと思います。そういう所を女性の方は感じて頂けたらなと思ってます。あと、私は信頼出来る行貞監督のもとでガツンと脱いでおりますので、大きいお尻がかなりスクリーンに一杯に映ると思います。新年早々ちょっと申し訳無いですが、楽しんで頂けたらなと思います。

風吹:この作品は色んなリキュールの効いた、ボンボンの詰まったチョコレートの箱のような気がするんです。皆さんに色んな風に味わって頂けたらなと思います。

忽那:私は一番、登場人物の中で年下の役を演じさせて頂いてます。私の役の麻千子は一生懸命、母の気持ちを理解しようと、大人の世界に足を踏み入れていくんですけど、もしかしたら今日観に来て下さってる若い方は一番共感して頂けたり、自分と照らし合わせて頂けるんじゃないかなと思ってます。

大竹:私は別れた夫を、女の元に走った夫をいつまでも思い続けるという、自分とはかけ離れた女性を演じているんですけど、映画の中に入って、その心境を辿ってみようと思ったら、“想う”ということだけで、人は幸せになれるんだなと思いました。男と女というのは可笑しくて、悲しくて、愛を欲しているんだなというのが演じてみてすごく分かりました。映画って出来上がったものを観て、監督を先頭にして、みんなと1カット1カット作ってきたんだなと思うのが、私の最初の感動です。ストーリーがどうこうよりも、みんなで作ったものを皆さんに観て頂けることが、すごく嬉しいです。阿部ちゃんはナビゲーターとか言ってましたけど、最初の1カット目の阿部ちゃんの顔を見て、この映画にかける情熱を感じることができるのは、映画ならではだと思います。

行貞:この原作になっている井上荒野先生の『つやのよる』を読んだ時に、他の人にやらせたくないと思った小説だったんです。僕も何本か群像劇を撮ってきましたが、新しい形の群像劇が作れるんじゃないかと思いました。ある意味、新しい形のラブ・ストーリーだと思います。井上先生のご本を読んだ時に、愛って曖昧で、形が無いものだけど、小説になった時にすごく浮き彫りになってたんですね。その様々な愛の形がこの映画の中では描かれてます。邦画の中でこういうものを理解してもらい、完成させるためには、ここに揃ったキャストの皆さんがいなければこの映画は出来なかったと思います。素晴らしい俳優に恵まれてますので、この映画を隅々まで、皆さんも女優や俳優の表情を楽しんで観て頂けたらなと思います。

――豪華女優陣を前に、どんな思い?

阿部:この映画に出れて幸せですね。なかなかお目にかかれない皆さんと、全員の方と一緒のシーンがあった訳ではないですけど、こういう一つの作品を一緒に作れたということを幸せに思ってます。岸谷さんとか羽田さんとか色んな男性の方これから出てきますけど、今日は一人ですみません。男は男で、弱くて、可愛らしい男をみんなそれぞれ演じてて。女性の方はそれぞれの強さとか、こんな顔を世の中の人に、映画だから見せるという、そこまで見せちゃっていいのかな?という爽快ささえ感じる演技をしてる。この作品に出れたことがすごく嬉しいです。

1 2 3次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。