ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

落とした人は要注意! AdobeのCS2ダウンロードは‟正規ユーザー”へのサービス

DATE:
  • ガジェット通信を≫

昨日、Adobeのサイトから「Adobe Creative Suite 2」に含まれるソフト。具体的にはPhotoshop CS2、Illustrator CS2、InDesign CS2、GoLive CS2、InCopy CS2といったソフト、そしてAcrobat Standard/Proの7.0、Acrobat Standard 8.0、Photoshop Elements 4.0/5.0、Premier Pro 2.0などのソフトでアクティベーションが必要ないバージョンがダウンロード可能になっており、さらにインストールに必要なシリアル番号までも掲載されているというニュースが駆け巡った。一時期サーバーにユーザーが殺到する騒ぎになり、アクセスできない状態が続いた。

アドビシステムズの説明によると昨年の12月13日に“技術的な理由”によってAdobe Creative Suite 2製品とAdobe Acrobat 7のアクティベーションサーバーを停止。そのため再インストール時にアクティベーションできずに使えないというような状況が発生することが考えられたため、Windows XPなどの旧来のオペレーティングシステム上で継続してCS2製品やAcrobat 7を使いたいと考えているユーザーに引き続き利用できるよう、CS2およびAcrobat 7の“正規ライセンスを所有されているユーザー”を対象として、アクティベーションサーバーを介在しなくても動作するソフトウェアを直接提供するために公開したとのことだ。

この公開は「同社が不特定多数のユーザーに対して無償でソフトウェアを提供することが目的ではない」ということ。既存の“正規ライセンスを所有しているユーザー”の利便性を損なわないためのユーザーサポートの一環であり、正規ライセンスを所有していないユーザーがこうしたソフトをダウンロードして利用することは“ライセンス違反となり得る”ことを理解してもらいたいということだ。

なおAdobe IDを所有していて同社の製品を登録している人であれば、マイアカウントから使用中の製品を確認することができる。なお、筆者はAcrobat Standard 7.0ユーザーだったのでアクティベート不要版をダウンロードした。「ラッキー!」と思って正規ライセンスも持たずにダウンロードした人がいたとしたら要注意だ。

「ダウンロードできる状態にしたほうが悪い」という理屈は残念ながら通用しない。ことアドビシステムズに関しては、違法な方法で同社のソフトウェアのインストールを行っているユーザーに対して個人であっても“容赦ない”対応をすることで知られている。

どのアプリの正規ユーザーかはマイアカウントで確認できる

Adobe Creative Suite 2 製品およびAdobe Acrobat 7の アクティベーションサーバーに関するお知らせ
アドビシステムズ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

外部サイト

新ラインナップを発表!デルよりWindows 8搭載の個人向けPC「新・Inspiron」シリーズ
10周年記念のDDR3メモリー キングストンがUSBメモリー発売10年を記念した製品を発表
CCへの大量入力を防止! Gmailを便利にしてくれるChrome拡張機能が登場

(http://news.livedoor.com/article/detail/7297792/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP