マクドナルド「Twitter・LINE・2ちゃんねるで発言規制」と全国店舗通達にクルー困惑 「チキンタツタ美味しい!」は発言可能

Pocket
LINEで送る

2013.01.09 11:38 記者 : カテゴリー : エンタメ タグ :


日本マクドナルドがこの度「ソーシャルメディアの利用に関するルール」という書面を全店舗に一斉に送った。その内容はソーシャルメディアを使う際の注意事項が事細かく書かれており、いくつかのケースに対して誤った例と正しい例が書かれている物。今となっては誰もが利用しているソーシャルメディア。当然マッククルーも大多数が皆使っているだろう。

昨今の『Twitter』や『2ちゃんねる』でのマクドナルドバッシングや店員らしい人への質問にどのように返して良いのかということが書かれているほか、倫理に反する投稿を行わないようにと促されている。

そんな「ソーシャルメディアの利用に関するルール」には次のように書かれている。

1、社会、倫理に反する投稿や発言は行ってはいけません。

 NG:車椅子って邪魔じゃない?
 NG:今日来たお客さん、超キモかった!

2、不用意な発言は、あなたやあなたの家族、友人、職場の同僚に多大なる迷惑をかけます。ソーシャルメディア上での発言には、関係者でない方のプライバシー関することも含めて、充分に注意してください。

 NG:今日バイトしてたら、芸能人の○○が彼氏と来た!!

これら上記の投稿は過去にも事例のあるものである。某ホテルで芸能人が来たとツイートしたら炎上したという例、そして倫理に反する投稿を行ったらこれまた特定され炎上してしまったという例が過去にいくつもある。こういう通達は組織として行われて当然である。

しかし問題はこのあとのケースである。

4、マクドナルドの商品やサービスについて、会社を代表して語ることができるのはマクドナルド本社の広報担当者に限ります。
あなた個人の発言のつもりでも、「マクドナルドの関係者」と見られる場合があります。マクドナルドに関する発言は、あなたの個人的な意見だと明確にしましょう。

 NG:店舗での対応や手順の変更について、フォロワーの皆様からお問合せをいただいておりますが、企業秘の情報もあるのでお答え致しかねます。
 OK:チキンタツタ美味しい!一番好きなバーガーです!

要するにクルーは「頑張ってます」「美味しいです」しか回答してはならず広報的な回答はNGとされている。

さて、今回の「ソーシャルメディアの利用に関するルール」の通達は、ちょうど60秒キャンペーンが行われているタイミング。クルーはどう思っているのだろうか? 実際に聞いて見たところ「現場の大変さがわかっていない」「クレームが多い」「離脱客を逃したくないだけでしょ」と多くのクルーが愚痴っている。また同様の愚痴が『Twitter』や『2ちゃんねる』にも投稿されており、クルーは不満爆発なようである。それに加えて今回の「ソーシャルメディアの利用に関するルール」が通達されたらストレスも倍増である。
マクドナルドは過去にクォーターパウンダー・チーズ発売の際にサクラ行列を使い大ごとになった事がある。徹夜行列の先頭の数百名は派遣のアルバイトを雇っており行列を演出していたのだ。こういったバズマーケティングはOKとしながらもクルーには漏らすなと一方的に通達するのは如何なものだろうか。

今回のこの通達はまだマネージャー以上しか知らされておらず、印刷しファイルにとじてようやく一般クルーも閲覧できるようになる(元はPDF)。

「業務に関する情報を外部に漏えいした場合は、処分の対象になりえることを認識しましょう」という項目もあり、既にこのことを知っているマネージャーは「ネットの書き込みが多いのが原因」「マックは保守的になっている」「当たり前のようなことかも知れないが身内(スタッフ)まで敵に回している」とコメント。情報漏洩だけでなく、愚痴や社内批判も禁止のようだ。

過去には『Yahoo!オークション』にマクドナルドの制服が売られており話題となったが、その後はバイトの制服にバーコード管理をするようになった。しかし今回の通達は、マクドナルド本社が『Twitter』や『2ちゃんねる』でのバッシングを恐れているという見方もある。60秒キャンペーンの発表を機に日々マクドナルドの件に対してツイートや書き込みが繰り返されており、クルーが不満をぶちまける前に予防線を張ったのだろう。しかしそんなクルーは既に不満爆発寸前。今回このようにタレコミを頂けたわけだ。

現場のことをなにも分かっていない本社の人はもう少しクルーや客の立場になって企画を考えると良いだろう。ルールを作るのは簡単でも守るのは難しいよね。


マクドナルド“60秒キャンペーン”について店員が評判や裏技を大胆激白! バイト「やめて」「無理!」の悲鳴

※上記の資料は独自に入手したものです。

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソル

記者:

ガジェット通信で記者をやっています。ニコニコ生放送もやってるので興味ある方はコミュニティに入って下さい。Twitter:@sol_getnews   ネタのタレコミなどはこちらにお願いします: sol_tarekomi@yahoo.co.jp

ウェブサイト: http://com.nicovideo.jp/community/co264874

TwitterID: sol_getnews

●ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから

●記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。


Pocket
LINEで送る

新着記事一覧

『トランスフォーマー』シリーズのマイケル・ベイのプロデュースにより、まったく新しいアクション超大作として生まれ変わる『ミュータント・タートルズ』。日本公開が12月19日(金)に決定し、その初の映像となる特報が解禁となりました。 ...続きを読む

新刊レビュー『素晴らしきインチキ・ガチャガチャの世界 コスモスよ永遠に』 書誌情報 どんな本? コスモスという宇宙は終わらない――。前作『愛しのインチキ・ガチャガチャ大全』にて、80年代に少年期を過ごした人々に、苦笑と郷...続きを読む

10月23日(木)〜31日 (金)に開催される「第27回東京国際映画祭」にて庵野秀明特集上映『庵野秀明の世界』の実施が決定。庵野秀明さん関連作品の大規模な特集上映は、今回が史上初の試みとなります。 毎年幅広い作品を上映している「...続きを読む

7月27日(日)幕張メッセにて、造形メーカー海洋堂が主催する、世界最大のガレージキットのイベント「ワンダーフェスティバル 2014 Summer」(以下、ワンフェス)が開催。炎天下の下、多くの人が訪れました。 「ワンフェス」は、...続きを読む

2014年7月31日、『ベネリック』から『天空の城ラピュタ 光る飛行石 光のちから 音声認識バルスモード搭載』が発売。編集部でさっそく遊んでみた様子を写真でご紹介します。 ※すべての画像が表示されない場合は下記URLからご覧くだ...続きを読む