ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

他人事ではない! 交通事故を起こしてしまった時にとるべき6つの行動

DATE:
  • ガジェット通信を≫


年末年始は交通事故が多発しやすい時期だそう。つい先日も死亡事故の報道があったばかり。
車を運転する人はもちろん、運転しない人にとっても決して無関係ではありません。自分の乗ってる車の運転手が事故を起こしたり、自分が事故に巻き込まれる可能性もあります。
できれば、事故が起こらないよう細心の注意をもって行動したいところですが、もし、それでも事故を起こしてしまったら…。
今回は、そんなときのために改めて知っておきたい「交通事故を起こしてしまったときの対処法」をご紹介します。
「徹底比較!自動車保険ランキング」によると、交通事故に遭った時に取るべき大まかな行動は次の6つだそう。

1.まず人命を優先!
自分が動けるならケガ人を安全な場所に移動させて救急車(119番)を呼びましょう。
2.事故で散った物を端に寄せるなどの二次災害の防止
事故で飛び散った物で余計な事故を招かないよう、できる範囲内で障害物を道路の端などに寄せておきましょう。また、発煙筒や車のハザードランプで事故があったことを示すこともお忘れなく。
3.警察に連絡
上記の後に、警察に連絡。「警察に連絡しないと、保険金を受け取る際に必要となる『事故証明書』が発行されず、最悪、保険金が支払われない可能性も」あるそうです。
4.契約してる保険会社へ連絡
警察に連絡した後に保険会社へ連絡するのですが、もしパニックになってしまって、何をしたらよいかわからない場合も、的確な指示を仰いでくれるそうです。
5.現場写真や目撃者の確保
後から示談交渉がはじまりますので、携帯電話などで写真を撮っておいたり、目撃者がいればその方の連絡先を確保しておくと、いざという時に役立ちます。
6.事故相手の確認
運転免許証・車検証・保険証券・車のナンバー等を確認させてもらい、連絡先を聞いておきましょう。

さらに、上記から事故時に備えて持っておくと安心なのは「車検証、筆記具、保険会社の連絡先がわかるメモ、携帯電話」の4点。公衆電話の数が少なくなった今、とくに携帯電話は、車に乗る時は必需品なのだと思い知らされます。
いつも自分は助手席で、カレが運転しているという場合でも、車に置いてる車検証の場所を聞いておいたり、携帯電話や筆記具を忘れずに持ち歩くことを心がけておくといいでしょう。
いざという時にとるべき適切な行動を知っておくことで、ドライブデートも安心して楽しめそうですね。
photo by Thinkstock/Getty Images
徹底比較!自動車保険ランキング
(モテ系お姉さん/スピたま)



(グリッティ)記事関連リンク
2013年のトレンドカラーは「バランスと調和」を促進するこの色☆
ダウンジャケット風トートバッグに注目☆ファッション誌付録情報[1月7日〜19日発売]
男女で機能や効果が違うらしい!? 「ヒートテック」をもっと温かく着る裏ワザ☆

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP