ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

CES 2013:Intel、スマートフォン・タブレット向けAtomプロセッサ新製品を発表、新興市場向けAtom Z2420 1.2GHz、デュアルコアのAtom Z2580、クアッドコア・22nmの”Bay Trail”などをラインアップ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Intelが米国・ラスベガスで1月7日に開催した『CES 2013』のプレスカンファレンスにおいて、スマートフォンやタブレット向けに『Atom』プロセッサの新製品を発表しました。

今回発表された『Atom』SoCはスマートフォン向け『Atom Z2420(“Lexington”)』と『Atom Z2580(Clover Trail+)』、タブレット向けクアッドコア『Atom』“Bay Trail”の3製品。

『Atom Z2420 (“Lexington”)』は新興市場をメインターゲットにしたエントリーレベルのスマートフォン向けSoC。CPUはシングルコア1.2GHzで、ハイパースレッディング対応。HSPA+対応の通信モデム『Intel XMM 6265』が内蔵されており、デュアルSIM・デュアルスタンバイ構成をサポートします。このほか、1080pのハードウェアエンコード/デコードや最大2つのカメラをサポート。500万画素で1秒間に最大7枚の連写が可能。AcerやLava International、Safaricomなどの端末メーカーが自社の製品での採用を表明しています。

『Atom Z2580(Clover Trail+)』は、ミッドレンジ~ハイエンドのスマートフォン向けSoC。デュアルコアCPU(HT対応)とデュアルコアGPUを搭載。

型番未発表の“Bay Trail”は、22nmプロセスで製造されるクアッドコアのSoC。現行の『Atom Z2760』と比較して性能は2倍、プロセスの微細化などで消費電力は抑えられており、厚さ8mmの薄型フォームファクターで丸1日の連続使用、1週間のスタンバイが可能とされています。しかし、実際にこのSoCを搭載した製品が登場するのは今年のホリデーシーズンとのことです。
Source : IntelEngadget



(juggly.cn)記事関連リンク
CES 2013:パナソニック、海外市場向けにMiracast対応のストリーミングメディアプレイヤー「DMP-MST60」と「DMP-MS10」を発表
英国におけるXperia Z(SIMロックフリー版)の発売予定日は3月1日、価格は£440+VAT
CES 2013:LGのプレスカンファレンスで新型Optimusスマートフォンの発表は無し、MWC2013で複数の新型を発表予定と予告

juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。