ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

CES 2013:パナソニック、海外市場向けにMiracast対応のストリーミングメディアプレイヤー「DMP-MST60」と「DMP-MS10」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

パナソニックがワイヤレスディスプレイ規格”Miracast”に対応したストリーミングメディアプレイヤー2機種をCES 2013で発表しました。パナソニックが発表した「DMP-MST60」(上図)と「DMP-MS10」は、パナソニックのテレビ向けインターネットサービス「VIERA Connect」に対応した製品で、VIERA Connectで提供されているアプリにより、ゲーム、音楽、VODサービスの映像、スポーツ情報、SNSなどを大画面で利用することができます。Wi-FiやDLNAなどのネットワーク機能に対応するほか、HDDの外付けにも対応します。上位機種の「DMP-MST60」は3D対応で、WEBブラウザも搭載されています。注目のMiracastはIEEE802.11シリーズの無線LANを利用したワイヤレスディスプレイ規格で、同規格に対応したスマートフォンやタブレットの画面表示をワイヤレスでテレビなどの画面上に出力することができます。Miracastは出てきてまだ日が浅いこともあり、対応機器もそれほど多くありません。この時期に対応したことは強力なアピールポイントになるのではないかと思います。Miracastは、Xperia TやNexus 4などが対応しています。両機種の海外における発売時期は2013年2月。日本での発売予定は発表されていません。Source : パナソニックCNET



(juggly.cn)記事関連リンク
英国におけるXperia Z(SIMロックフリー版)の発売予定日は3月1日、価格は£440+VAT
CES 2013:LGのプレスカンファレンスで新型Optimusスマートフォンの発表は無し、MWC2013で複数の新型を発表予定と予告
米AT&T、デュアルスピーカーを搭載したLTE対応Androidスマートフォン「Pantech Discover」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP