ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【オトナ女子映画部】西島秀俊vs.大沢たかお“大人のいい男”対決は必見!『ストロベリーナイト』

DATE:
  • ガジェット通信を≫

あっという間に年末年始休みも終わり、日常生活がスタートしたものの、まだ正月気分が抜けきらない人も多いことだろう。そんなぼんやり独女の目をガツンと覚ましてくれる映画、それが今回紹介する『ストロベリーナイト』だ。
『ストロベリーナイト』は、誉田哲也による小説を原作とし、2010年に竹内結子主演でドラマ化された人気シリーズ。今回の映画化には、姫川玲子シリーズの『インビジブルレイン』がベースとなっている。

物語は暴力団のチンピラが殺害される事件からスタートし、姫川玲子は事件の謎と共に、警視庁上層部の圧力とも闘っていく。今までの様に、信頼出来る仲間“姫川班”の援護も無いまま、姫川が単独捜査を行なっていく所が見所の一つだ。

ドラマシリーズを観たことがある方なら分かると思うし、そうでない方は予告編を観れば想像がつくとおり、映画の冒頭からラストまで非常にシリアスなトーンで描かれている。お馴染みのキャスト陣はそのままに、ステージを劇場に移したことで迫力がアップしていることはファンにとっては嬉しい限りだろう。また、原作未読・ドラマ未見の人でも楽しめるのでその点はご安心を。

事件の謎や警察組織との対立は、劇場に足を運んでお楽しみいただくとして、女性的に見逃せないのが、キャスティングの素晴らしさだ。姫川を尊敬し、恋愛感情を抱いている(様に見える)菊田演じる西島秀俊の格好良さが全開。女性陣にはきっと分かってもらえると思うが、「西島秀俊×スーツ×ちょっと疲れてる感じ」の破壊力たるや、抜群なのである。

本作で姫川が興味を抱く暴力団の会長・牧田を演じるのは大沢たかお。これまた独女人気の高い俳優さんであり、大人の色気が炸裂しているので、この牧田と姫川の禁断の愛の行方にも注目して欲しい。西島秀俊と大沢たかおの間で揺れる女心……想像しただけで、正月ボケも解消されそうだ。

映画公開日と同日の2013年1月26日にはスペシャルドラマ『ストロベリーナイト アフター・ザ・インビジブルレイン』が放送される。こちらはいわゆる映画の後日談であり、5本の短編のオムニバス形式となっている。

また、2013年1月22日から1月25日まで4夜連続で、西島秀俊、丸山隆平、渡辺いっけいらによる“居酒屋会議”「ストロベリーミッドナイト」も放送予定。こちらも、いい男たちの居酒屋風景をのぞき見する感じで期待したい。新年は『ストロベリーナイト』で映画初め、ミステリー初め、いい男初め。何度でも言うが、「西島秀俊×スーツ×ちょっと疲れてる感じ」の破壊力がすごい!(中村梢)

『ストロベリーナイト』
1.26 SAT ROADSHOW
配給:東宝

(C)2013 フジテレビジョン S・D・P 東宝 共同テレビジョン FNS27社 光文社

関連記事

【オトナ女子映画部】西島秀俊vs.大沢たかお“大人のいい男”対決は必見!『ストロベリーナイト』

どうやっても貯められない30代女子の貯金改革!! Vol.14「銀行選びも「相性」が大事!」

女子×女子! 女子×男子! 嬉しい小さなお土産とは?

(http://news.livedoor.com/article/detail/7295260/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP