体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

赤外線通信機能非搭載のスマートフォンやタブレットで使える!USB接続赤外線通信ユニット「いちごあめ」を試す【レポート】


外付けの赤外線通信ユニット!
2012年12月29日~31日の3日間、東京ビッグサイトにて開催されていた、世界最大のサブカルチャーの祭典「コミックマーケット83」。

特集3回目となる今回はサークル「でんでんらぼ」が3日目に頒布したAndroidスマートフォン向けUSB接続の外付け赤外線ユニット「いちごあめ」とその解説本「じっくり考える過度現象・赤外線通信機能のないAndroidoで赤外線通信してみた」を紹介します!

コミケでスマートフォンの周辺機器が入手できてしまうというのも、何気に凄いことなんです!それでは早速ご覧ください!

■「じっくり考える過度現象・赤外線通信のないAndroidoで赤外線通信してみた」
まず、最初におことわり。実際に頒布されていた解説本が「Androido」となっており決して誤植や間違いではありません。

01

解説本(左)と赤外線通信ユニット「いちごあめ」(右)

02

回路図などもある技術系の解説本

03

アアアッ レグザフォン」に関する話題もあります
解説本では、外線通信ユニットを開発した経緯や技術解説とその仕組みなどを非常に細かく解説しています。技術解説系の同人誌で、序盤は数式がたくさん出てくるなどガチな内容となっています。

後半は開発に至った経緯や「いちごあめ」の開発レポートが掲載されており、こちらは誰にでも楽しむことができます。会場頒布価格は500円でした。

■USB接続赤外線通信ユニット「いちごあめ」

04

基盤むき出しなので取扱注意!
いちごあめはAndroidのmicroUSB端子に接続して赤外線通信機能を利用できるようにする周辺機器で、会場頒布価格は1,500円でした。

「いちごあめ」という専用アプリがあるので、アプリをインストールし、赤外線通信ユニットのいちごあめをスマートフォンに接続することでアプリが立ち上がって、赤外線通信によるファイルやアドレス帳のやりとりが可能になります。

1 2 3 4次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会