ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

犬は体重1kgあたり4gのアルコールで24時間以内に半数死ぬ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 西川文二氏は、1957年生まれ。主宰するCan! Do! Pet Dog Schoolで科学的な理論に基づく犬のしつけを指導している。その西川氏が、犬もお屠蘇気分で酒を楽しめるのかについて、解説する。

 * * *
 あけおめ、2013年。本日あたりは、まだまだお屠蘇気分の諸兄が多いのでは? ところでですな、酒好きであれば、一度は考えたことがあるのでは? 「犬に酒ってどうなのよ」ってことを。

 私めも、晩酌は欠かさないタイプ。酒の肴の匂いに誘われてか、私めがたしなんでいると、犬ってのは必ず数回はよってくる。悪戯心を出して試しに、「おまえもたしなむか」って、酒の匂いを嗅がす。その時の反応はっていうと、これが犬によって違う。

 今は亡き日本犬MIXのパートナー犬は、日本酒とビールにはペロペロって舌をつけた。ワイン、焼酎、ウイスキーはまったくダメ。匂いを嗅いだだけで、どっかへいっちゃう。

 現在のパートナー犬の1匹も日本犬MIXだけど、こやつはすべての酒類に対して、顔を背ける。もう一匹のパートナー犬は、ドイツとフランス原産の純血種のMIX。ワインとビールならいけそうだけど、こやつも酒類は一切ダメ。

 たしなめる奴とそうでない奴、どこがどう違うのか? 謎ではありますな。

 さて、そもそも酒を犬に飲ませていいものか。獣医師によれば、微量なら問題ないのでは? ってこと。実は、犬は体重1キログラムあたり4グラムほどのアルコールを摂取すると、24時間以内に半数が死に至る。

 4グラムのアルコールってのは度数15%の日本酒で換算すると、約26cc。おちょこ1杯分程度ってこと。先の亡きパートナー犬は体重16キログラム。ペロペロって舌をつけるくらいなら、とりあえず問題ないってところですかな。

 ちょっとぉ、あんた達こそ今日あたりはペロペロでおしまいにしなさいよね、ベロベロになるまでじゃなくってさ! って。カミさん達の声が、なんか聞こえてきそう。ま、お互い、ほどほどにしておきましょうか、今夜あたりは。

※週刊ポスト2013年1月18日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「ペペロンうどん」もあるけど定番は「牛すじ黒カレーうどん」
犬の「マグネット遊び」 お座りからゴロンまで躾にお役立ち
犬が飼い主に似る理由 自分の親兄弟と似た顔に惹かれるから

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。