ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

CES 2013:Qualcomm、Snapdragonプロセッサ2013年モデル『Snapdragon 200 / 400 / 600 / 800』を発表、最上位のSnapdragon 800は2.3GHzクアッドコアCPUとAdreno 330 GPUを搭載

DATE:
  • ガジェット通信を≫


米Qualcommは現地時間1月7日、米国・ラスベガスで開催した『CES 2013』プレスカンファレンスにおいて、『Snapdragon』プロセッサの2013年向けラインアップを発表しました。

従来、『Snapdragon』プロセッサは世代別にS1、S2、S3、S4という分類で投入されてきましたが、2012年の『Snapdragon S4』から用途・性能別に4種類のカテゴリに分類されました。今年は『Snapdragon』800、600、400、200という新しいブランド名の下で投入されるそうです。基本的には数字が上がるに連れて高性能となっていきます。

『Snapdragon 200』はエントリーモデル向けシリーズ、『Snapdragon 400』はメインストリーム市場向けシリーズ、『Snapdragon 600』はハイエンドのスマートフォン・タブレット向けシリーズ、最上位の『Snapdragon 800』シリーズはスマートTVやノートPC、ハイエンドのスマートフォン・タブレット向けシリーズとなります。どのプロセッサがどのシリーズに属するのか詳細は明らかにされていません。

新ブランドの中でもQualcommは『Snapdragon 600』と『Snapdragon 800』で新製品を発表しました。『Snapdragon 600』は、『Snapdragon S4 Pro』の後継という位置づけのシリーズ。CPUはクアッドコアのKrait 300を搭載。CPUの最大クロックは1.9GHz。GPUにはAdreno 320を搭載。メモリインタフェースはLPDDR3にも対応します。全体的な性能で前作『Snapdragon S4 Pro』より40%高いとされています。

『Snapdragon 800』は、『Snapdragon S4 Prime』の後継という位置づけのシリーズ。CPUはクアッドコアの Krait 400を搭載。CPUの最大クロックは2.3GHz。GPUにはAdrenoシリーズ最上位となるAdreno 330を搭載。GPUの性能はAdreno 320の2倍とされています。メモリインタフェースは32bitデュアルチャネルの LPDDR3 800MHzに対応。また、LTE Cat 4やIEEE802.11ac、UltraHD(4,096×2,304)の動画エンコード/デコード、DTS-HD、Dolby Digital Plus、7.1サラウンド、最大5500万画素の静止画撮影にも対応。全体的な性能は、『Snapdragon S4 Pro』よりも75%高いとされています。

『Snapdragon 600』、『Snapdragon 800』は現在サンプル出荷中で、製品として登場するのは、『Snapdragon 600』が2013年Q2、『Snapdragon 800』が2013年半ばとなるそうです。
Source : Qualcomm



(juggly.cn)記事関連リンク
CES 2013:Sony、NFC対応のBluetoothヘッドセット新製品「SBH20」と「DR-BTN200M」を発表
NTTドコモ、シャープ製の青少年向けスマートフォンを2月に発売、今週中にも発表
CES 2013:Polaroid、Androidベースのミラーレスカメラ「iM1836」を正式発表、価格は$399

juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP