ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

CES 2013:Huawei、画面サイズ6.1インチのAndroidスマートフォン『Ascend Mate』を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Huaweiは現地時間1月7日、同社が米国・ラスベガスで開催した『CES 2013』プレスカンファレンスにおいて、画面サイズ6.1インチの大画面スマートフォン『Ascemd Mate』を発表しました。

『Ascend Mate』は6.1インチ1280×720ピクセルのIPS+液晶、Hisiicon製1.5GHzクアッドコアプロセッサを搭載したハイエンドモデル。本体の厚さが最薄部6.5mm、前面の73%をディスプレーで占めるというスリム狭額縁デザインが採用されています。ディスプレーはMagic Touch技術により手袋をした状態でもタッチ操作が可能とされています。

OSはAndroid 4.1(Jelly Bean)で発売される予定。背面に800万画素カメラ(HDR撮影対応)、前面に100万画素カメラを搭載。Dolby Mobileのサラウンド機能にも対応します。バッテリー容量は4050mAh。同社のQPCやADRXといった省電力機能により、普通に使っても丸2日は持つとされています。バッテリーは急速充電対応となっています。『Ascend Mate』のカラバリはクリスタルブラックとピュアホワイトの2色。発売時期は、中国において2013年2月。
Source : Huawei



(juggly.cn)記事関連リンク
CES 2013:Huawei、5インチフルHDディスプレイを搭載した新フラッグシップ「Ascend D2」を発表、日本でも発売予定
Sony提供のPlayMemories MobileアプリがAndroid 4.2に対応
メディアドライブ、名刺管理アプリやOCRアプリなどアプリ4種類の半額セールを期間限定で実施中

juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP