ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

女子×女子! 女子×男子! 嬉しい小さなお土産とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

例年よりも休日が多い今年の年末年始。JTBの年末年始の旅行動向見通しによれば、海外旅行は前年比1.5%増で過去最高になるのだとか。
国内旅行も0.3%増とのこと。私の周囲でも帰省やプチ旅行を計画している人が多い。そこで気になるのが同僚や友だちへのお土産。今回はお土産選びの参考になる“もらって嬉しいお土産”についてリサーチしてみた。

男女関係なく人気のお土産といえばお菓子類。最近、ヨシキさん(40歳・医療関連)が感心したのは同僚女性からのお土産。「掌よりも少し大きい赤い箱に紅葉の形のパイが6枚入っていました。通勤カバンに入るサイズが気が利いていると思いました」

ここ数年、ヨシキさんが感心したような“小さなギフト”は全国各地で増えている。価格も300円~500円位でパッケージもオシャレなものが多い。中味は少なめだが、食後や仕事の合間に食べきれる数なのも気軽でいいだろう。「もう少し食べたい」と思う気持ちが好印象を残すようだ。

ミドリさん(28歳・編集)が「気が利いている!」と思ったのは、友人からもらった北海道のお土産。「箱入りのお土産を彼女が小分けしてくれたみたい。可愛い袋に紅茶のパックと有名なお菓子が2、3枚ずつ数種類入っていました。一手間かけているところに女子力を感じます」

ここで気になるのはお菓子以外のお土産のこと。どのようなものが喜ばれるのだろうか?

女性から女性へのお土産で人気が高いのはチープコスメ類。メグミさん(34歳・IT関連)は「韓国のお土産にもらったシートマスクは嬉しかったですね」と話してくれた。「真珠エキス入りパックやカタツムリパックなど4種類入っていました。後でパックの効果についても話すのも楽しいです」

ハチミツ入りのリップクリームや話題のハンドクリーム、老舗のあぶらとり紙なども人気がある。一方、口紅やアイシャドーは色や香りにも好き嫌いがあるから、相手の好みをよく知っている場合は別として、お土産には不向きという声もあるようだ。

コスメ以外では「天然石のストラップやお守り」も人気。カナさん(28歳・研究職)は「体調を崩しがちだったとき、同僚が健康にいい天然石のストラップや健康運がアップするお守りをお土産に買ってきてくれました。その気持ちが嬉しかったです」と話してくれた。

女性同士ならお互いの好みや気持ちも分かるが、男性へのお土産は悩むことも多い。お菓子以外でもらって嬉しいお土産について男性たちに聞いてみた。

マサルさん(38歳・プログラマー)は「ストラップを集めているので、ご当地モノのストラップが嬉しいです」と。「でも、友だちの中には『ストラップをもらうと付けなければいけない気がして嫌だ』という人もいます。好みもあるし、新婚とか彼女持ちだとケンカの原因になることもあるようですよ。敢えてストラップを選ぶならご当地キャラなど笑える系がいいと思います」

既婚男性へのお土産に悩んだら「女友だちと同じものを渡す」という人もいる。何にするか悩む必要が無いし男性陣にもなかなか好評だとか。

提案してくれたミナミさん(38歳・商社)にお話を伺った。「きっかけは、女友だち用に買ってきたリップクリームが余ったので、男性にも配ったら『妻への気遣い』だと喜んでくれたことです(笑)。それ以来、既婚の男性には女友達と同じお土産を渡すようになりました」。

言い古された言葉だが、お土産選びの基本は「もらって嬉しいお土産は、渡しても喜ばれる」ということ。そして、お土産はコミュニケーションの1ジャンル。渡す側も、もらう側も負担にならない範囲で選ぶことが大切だろう。ささやかでも相手が喜ぶ顔を想像して選びたい。(オフィスエムツー/神田はるひ)

外部サイト

どうやっても貯められない30代女子の貯金改革!! Vol.14「銀行選びも「相性」が大事!」
女子×女子! 女子×男子! 嬉しい小さなお土産とは?
殿方には決して見せられない!? 独女流・禁断の防寒スタイル

(http://news.livedoor.com/article/detail/7291913/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP